AED普及の重要性

AED普及の重要性

あなたも誰かのために何かをしたいと思うことがあると思います。
でも、あなた一人で出来ることには限りがあります。
ですから、そう思うだけであきらめてしまう人がほとんどです。
でも多くの人が集まれば、
その思いは何十倍、何百倍にもなり、その思いが集まると非常に大きな力となります。

AEDの普及に力を入れていらっしゃる人達は、
そういった思いで集まり、その思いを実現するためにみんなで協力しあって活動されています。
その人たちとは、医療関係者はもちろん、
救急隊の方々、消防隊の方々、公務員の方々、
政治家、そして実際に突然の心停止でで大切な命を失ったご家族の方々・・・
インターネットで「AED」と一度検索してみてください。
と書きましたがこのサイトへ来られている方は、恐らくほとんどの方が「AED」と検索されて来られてますね。
だとすると、上記のような突然の心停止で家族を失った方が
AEDの重要性を訴えているサイトを御覧になられたこともあるかと思います。
これらのAEDの重要性のサイトを作られた方は
ほぼ同様に自分が何かしてあげられなかったのか、
自分で何か出来たんではないかとその当時を振り返り、思いを巡らせています。
突然、愛する家族を失わなければならなかった悲しみ、
その原因はどこにあったのか、
何かすることがあったんではなかったかと思うのは当然の事だと思います。

そして、AEDがあれば蘇生できたかもしれないこと、
どれほど健康でも突然の心停止が起きる可能性はあることを知ることになるのです。
悲しく、苦しく 心も崩壊しそうになる中で、
その方々が前向きに着実に進んでいる姿には、
ただただ 頭が下がる思いがします。
そうしてそれらの方々はAEDを
より多くの人に知ってもらうために、さまざまな活動を行われています。
そしてそうした方々の署名活動・ベルマーク活動・講演会・
講習会・募金活動などの活動の努力によって、
確実にAEDの設置数は多くなってきています。
特にここ一年間ほどで公共施設へのAED設置は、飛躍的に増えました。
しかしながら、実際にAEDを使う状態になったとき、
どれほどの人がためらうことなく、AEDを使うことができるのでしょうか。
AEDの設置数だけが増えても意味がありません。
AEDの講習に行けない方は、せめてAEDのメーカーのホームページで
AEDの取り扱い方法の様子を見る事ができますから、
最低でもそれぐらいは見ておくことをお勧めします。

万が一の時に自分の愛する人の命を失わないためにも・・・

タグ

2008年1月28日|

カテゴリー:AED知識, AED設置