広島市立全中学校にAED配備完了

広島市立全中学校にAED配備完了

日本赤十字社広島県支部が
広島市教委にAED37台を寄贈し、
広島市教委はAEDが未配備だった
市立中学校37校に設置し、全市立中学校に
AED配備が完了しました。

全市立中学校へAED配備が完了したのはいいことですね。

全国でも全市立中学校全てへAED配備が
終わったところは少ないんではないでしょうか。

AEDといえば、心肺停止時に使用するので
若い人はあまり関係ないと思うかもしれませんが
若い人でも心肺停止の危険性はあります。

この記事でも話題にしている心臓しんとうなどは
若い人でも起こりうることで部活などが
活発なので心臓しんとうも起こる可能性が高いですね。

また、中学校にAEDが設置してあるのが
わかっていれば近所の方なんかが急にAEDを
必要とした場合でもAEDを探す手間が省けます。

そういった点からも全市立中学校に
AEDが配備されたのはいいことです。

ただ、小学校や幼稚園へのAED配備は
まだ進んでいないようなのでそれらへの
AED配備が今後進むことも望みます。

そして他の都市の学校施設へのAED配備も
進んで欲しいですね。

タグ

2009年5月10日|

カテゴリー:AEDニュース, AED設置, 心臓しんとう