AED講習

AEDトレーニングキット

AEDを本物の現場で躊躇なく使用するためには
AED講習を受けておくべきです。

AED講習は各自治体のイベント、消防署などで
定期的に行われています。

講習内容の多くは心肺停止時の人工呼吸、
心臓マッサージなどの心肺蘇生法と
AED講習になっています。

そのAED講習に使うAEDですが
講習で本物のAEDを使うことはできませんので
マネキンと練習用の電気が流れないAED、
AEDトレーナーと呼ばれる、AEDトレーニングキットが使われます。

このAEDトレーニングキットの
AEDトレーナーは電気が流れないだけで
操作の方法や音声ガイドは本物のAEDと
同じですのでAEDの操作を学ぶには最適です。

ただ、一つ難点があり、価格が高価で
人工呼吸や心臓マッサージを行ったり、
AEDのパッドを貼るマネキンと電気が流れないAED、
AEDトレーナーのAEDトレーニングキットセットで約10万ぐらいします。

また、マネキンは複数台あるほうがいいのですが
マネキンだけでも5万円ぐらいします。

詳しくは、こちらのサイトにてご確認ください。

ですからAEDの講習がもっと多く行われる必要があるのですが
本格的なAEDの講習を行うには費用がかかりますので
なかなか小規模の団体や個人で行うことは難しいのが現状です。

しかしこの問題の解決策がないわけでもありません。
AEDトレーニングキットをレンタルするという方法もあり、
レンタルだとマネキンとAEDトレーニングキットのセットで
一日あたり、7350円~ぐらいからレンタルできますので
小規模の団体だとレンタルを使えば、
AED講習を行うこともできると思います。

AEDトレーニングキットのレンタルはこちら

さて小規模の団体の場合はレンタルという方法で
高価なAEDトレーニングキットを使うことができ、
個人でもこのレンタルという方法を使うことは可能ですが
ご自身がBLSヘルスケアプロバイダーでもない限り、
やはり費用の負担は大きく、家庭で気軽に家族に
人工呼吸や心臓マッサージ、AEDの使い方を
学ぶにはこのレンタルという方法も難しいでしょう。

では個人の場合、どうすればいいかということになりますが
個人でも費用の負担が少なく、AEDトレーニングキットを
使うことができる製品があります。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)と
呼ばれるもので空気で膨らませる簡易型の上半身の
マネキンと本格的なAEDトレーナーのように
音声ガイドやスイッチの操作はできませんが
AEDの使い方がわかるトレーニングAED、
心肺蘇生とAEDの使い方の他にも、小児の心肺蘇生、
気道異物の除去、感染防護具の使用についての内容が
収録されているDVD、テキストブック、模擬携帯電話が
セットされています。

このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
これだけのセット内容でありながら、
4,980円と本格的なAEDトレーニングキットと比べると
破格の安さです。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)を
つかえば、家族でいつでもAEDの使い方と心肺蘇生法を
学ぶことができますし、小規模の団体でも一人一台、
マネキンを割り当てることも可能となり、効率よく
AEDと心肺蘇生法の講習を行うことができます。

そしてBLSヘルスケアプロバイダーの方でも
自宅で手軽に反復練習をする事が可能です。

少しでもAEDや心肺蘇生法に興味がある方には、
このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は
大変魅力的なAEDトレーニングキットでしょう。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
救急手当推進計画救命コムにて購入できます。

タグ

2009年4月27日|

カテゴリー:AED知識, AED講習, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法

AEDが赤目四十八滝に設置されました。

名張市の赤目四十八滝を管理する同滝渓谷保勝会と
赤目観光協会が入山口付近にAEDを設置しました。

昼間は、AEDを入山口の
日本サンショウウオセンター事務所に置き、
夜は、近くのバス停近くの保管箱に置かれ、
観光客や住民の万が一に備えられます。

11月11日には、AEDの講習会と
心肺蘇生法の講習も行われ、
27人もの人が受講したそうです。

こういった山あいで心臓発作が起こった場合は、
救急もすぐには到着できないので
こういった場所にAEDが設置されるのは、
非常に有効だと思います。

観光客だけでなく、地元住民にとっても
AED設置は、いいことですね。

AEDと言えば、海のイメージがありますが
山でも必要ですので設置場所の問題はあるかも
知れませんがAEDの設置が進んでいって欲しいですね。

タグ

2008年11月13日|

カテゴリー:AEDニュース, AED設置, AED講習, 心肺蘇生法, 救急

自販機の売り上げでAED設置

10月3日、八重山諸島の小浜島の小浜港湾ターミナルにAEDが設置されました。
八重山郡内の港湾や漁港のターミナルとしては初めてのAED設置です。

このAEDですが設置費用を自動販売機の売り上げによって
賄うために地元の費用負担はゼロということで
AED設置の必要性は感じているが費用の面でAED設置に
踏み切れない地域や施設にとってAED設置のいい例になるように思えます。

AEDは必要だとわかっていても設置費用がでない、
設置費用がでないのでAED設置が出来ないというジレンマを
解決してくれる方法ですね。

AEDを設置したいけれど費用がかかるので設置をためらっている
所があればどんどんこのような制度を利用して
AEDを設置していて欲しいと思います。

特に港など多くの人が出入りし、港で働いている人も
多いのでAED設置が進んでいない港の施設では
こういった方法でAED設置を進めるのも一つの方法でしょう。

もちろん、AEDを設置したら終わりというものではなく、
この小浜港湾ターミナルの場合、売店や船会社、バス会社などの
スタッフに対し、AED講習を行い、イザというときに
きちんとAEDを使えるようにしていくとのことです。

AEDでないと救えない命も多いですからこういったAEDの設置方法、
AEDの講習などをぜひ、AED設置がまだの地域や施設などが
参考にされるといいと思います。

タグ

2008年10月 7日|

カテゴリー:AEDニュース, AED設置, AED講習

AED講習会と啓発活動

献血をすると、飴やドリンクがもらえるサービスがあるのはよく知られていますね。
さらには、1回行く毎にポイントがもらえて、ポイントをためるとプレゼントまでもらえます。
なかには、マッサージをしてくれたり、花をくれたりするところまであるそうです。
サービスをしないと献血する人が集まらないのは残念ですが、
でもサービスすることによって、多くの方が興味を沸くのは素晴らしい考えですよね。

一般的な救命講習では至れり尽くせりのサービスはありませんが、
ポイントがたまるカードがもらえるところがあるそうです。
しかし、残念ながらポイントをためても何ももらえないのだそうです。
定期的に講習を受けることが望ましいとの考えから、
自分がいつ講習を受けたのかが分かるようになっているのだとか・・・
AED使用の必要性がある方達への講習は、やはりこれが当たり前なのでしょう。

しかし、救命方法やAED講習、地震体験に子供向けの催し・・・など、
いろいろ学べてさらにはスタンプラリーでプレゼントなんていう行事があるんですよ。
9月9日は救急の日。
これにちなんで、この時期になると、色々な地域で催しを開催しています。

警察署主催の『交通安全祭』消防署主催の『消防訓練』
各自治体では『健康フェスティバル』など、名称はさまざまですがあなたの住んでいる地域にも
探せばこのような催し物を見つけることができるはずです。

普段、仕事をしていないような主婦の方、AEDには無縁な会社でお勤めのお父さん・・・
お子さんがいらっしゃるのなら、ご家族で参加してみてはいかがでしょう?
毎年、参加することを家族の年間行事の一つに加えていただけたら、
ご家族のコミュニケーションも深まるのではないでしょうか。

タグ

2008年5月 7日|

カテゴリー:AED講習, 救命方法, 救急

AED講習会での講習内容

人工呼吸、心臓マッサージと聞くと、
あなたは何を連想しますか?

病院を連想する方もいるでしょうし、
人命救助の場面を連想する方もいるでしょう。

ではAEDとは?と聞かれたらどうでしょう?

AEDで人命救助に使う除細動器と連想する方は、
AEDが身近になりつつあるとはいえ、
まだ少数でしょう。

ほとんどの方は、AED???状態だと思います。

昔の人命救助といえば、人工呼吸・心臓マッサージ
だけだったんですが現在の人命救助は、
人工呼吸・心臓マッサージ・除細動の3つになります。

一般市民が行うこの人命救助の行為を救命手当と言います。
救命手当の方法はいろいろな場所で、
講習を受けることができます。

各地の消防署では頻繁にこの講習会を実施しています。

自治体でもよく講習会を行っています。

他には、最近、自動車免許を取ったことがある人は
教習所でも人命救助の講習を受けたと思います。

また、お勤めの会社や地域の団体の集まりなどでも
講習会は実施されています。

講習会は約3時間程で、人命救助のやり方、
心臓マッサージ、人工呼吸の方法、そしてAEDの使い方、
他にも止血法なども教えてもらうことができます。

人命救助の講習ですが実際に人が倒れてるわけではありませんので
倒れている人の代わりに訓練用のダミー人形を使用します。

この訓練用の人形ですが実に精巧に出来ています。

関節が曲がる、首が動く、胸が膨らむなどします。

大人と子供の2種類ある人形がほとんどですが
講習会では一般的に大人用を使用します。

あと、たいてい名前がついていますね。

私自身、講習会では実際に見たことがないのですが
出血したり、内蔵が飛び出している人形まであるそうです。
恐らく、このタイプは医療現場用で一般人の講習につかわれる
事はないでしょうけど・・・

さて、実際に講習会ではこの訓練用の人形を使って、
講習が行われるわけですが人形相手とはいえ、
初めの方は、緊張すると思います。

人工呼吸や心臓マッサージなど思った以上に力を入れて
やらないとうまくいきませんので思い切りが大切です。

そしてこの人形を使ってAEDの講習も行われます。
電気を流すんじゃないかと思っている方もいると思いますが
訓練使うAEDは、たいてい訓練用のAEDで本物のAEDと
同じように音声メッセージが流れますがスイッチを押しても
電気までは流しません。

場合によっては本物のAEDで講習する場合もありますが
この場合は、スイッチを押しませんので心配ないです。

人工呼吸や心臓マッサージは、一度ぐらいの講習では、
なかなか身につきませんがAEDは、操作が簡単ですので
一度、講習を受けておけば、イザ!というときに役に立ちます。

AED講習会と言えば、大人だけの場合もありますが
最近は、子供向けのAED講習会や親子講習会もありますので
子供のいる方は、親だけではなく、子供も一緒に参加して
子供にも命の大切さを知っておいてもらうといいですね。

タグ

2008年5月 6日|

カテゴリー:AED講習, 人命救助, 人工呼吸

AED講習会の形態

AEDの設置場所が増えるにつれて、
AED講習会に参加する人も増えています。

これは、AEDを設置している場所の人間に
AED講習が義務づけられているという要因があります。

それに伴い、心臓マッサージ、人工呼吸も含めた、
救命講習が多く開催されています。

AEDが一般市民に使えるようになる以前も
心臓マッサージ、人工呼吸のみの救命講習が
ありましたがあまり参加者は多くありませんでした。

そのAED講習ですがこれから講習を受けようと
思ってる方もいると思います。

AED講習を開催しているのは、自治体主催や
日本赤十字、消防署などがあります。

特に消防署では頻繁にAED講習を開いている所が
多く、地域に多くありますので受講しやすいです。

有料の場合もありますがたいていは、無料なのも
AED講習を受ける人にとっては嬉しいですね。

消防署で受けるAED講習の内容ですが
講習時間は3時間くらいで普通救命講習を学ぶのが
ほとんどです。

普通救命講習とは、
倒れている人の観察、気道確保、人工呼吸、
心臓マッサージそしてAEDの使用。
他に止血方法や倒れている人の体位管理、
応急手当の重要性を学ぶ講習です。

消防署によっては、その他にも
普通救命講習にAED業務従事者向けの
AEDの知識の確認と実技の評価が加わったコースや
普通救命講習にけがの手当や搬送方を学ぶ、
上級救命講習を実施しているところもあります。

各地域の消防署に問い合わせると
AED講習の詳しい内容や開催日程がわかります。

日本赤十字社の場合は有料で1500円かかります。

この費用は教本や万が一、講習中に怪我をした場合の
保険費用になります。

講習内容は消防署とほぼ同じで
講習時間は4時間ほどです。

消防署との違いは、受講すると
受講証が発行され、検定合格者には、
赤十字救急法基礎講習終了認定証がもらえます。

赤十字社の場合、更に水上や雪上、
幼児やお年寄りなど様々な状況、対象に
即した、講習なども開催されています。

講習内容や日程については、
赤十字社のホームページを参考にするか
直接、赤十字社に問い合わせて確認して下さい。

タグ

2008年5月 5日|

カテゴリー:AED講習, 人工呼吸

AED使用方法動画集

AED使用方法の動画集です。

講習会でAEDの使い方を学ぶ方がいいのですが
なかなか講習会に参加できない方は、
本を読んだり、ネットで調べたりして、
最低限のAEDの使い方を知っておく方がいいのですが
文字だけだとわかりにくいかもしれませんので
実際の動画を御覧になる方が理解しやすいかと思います。

講習会などに参加できない方は、一度見ておくと
イザ!というときにどうやってAEDを使えばいいか
わかると思いますので御覧になって下さい。

0 points
344PageView 343

AED i-PAD How to use AED, cu911.com, Japanese

AED i-PAD How to use AED, cu911.com, Japanese




0 points
847PageView 204

AED使用法 その1

AEDの使用法 その1です




0 points
650PageView 219

AED使用法 その2

最近あちこちに設置されているAEDの使用方法その2です




1 points
250PageView 387

自動体外式除細動器(AED)使用方法

心臓の心室が小刻みに震える「心室細動」で血液が送り出せなくなったのを正常に戻す「除細動器」を小型で操作を簡単にした機器。患者の胸にパッドを貼ると自動的に心電図を解析し、電気ショックが必要な状態かどうかを判断。必要な場合にだけ「ボタンを押してください」などと音声で指示が出る。




1 points
601PageView 224

心肺蘇生法 / BLS(一次救命処置)とAEDの使い方

BLS(一次救命処置)とAEDの使い方を説明したビデオです.倒れている人がいたら是非実践して欲しいと思います.人の命を救うインパクトはあなたの人生で最大のモノとなるでしょう.




0 points
2652PageView 146

AED実践(試作品)

補足説明http://www.plus-blog.sportsnavi.com/gacks/article/2


タグ

2008年3月25日|

カテゴリー:AED知識, AED講習, 動画

AEDの知識の必要性

あなたの目の前で人がいきなり倒れるような場面に遭遇するのは、
一生のうちに一度あればいいほうで遭遇しない人の方が多いと思います。
私も家族や親戚や友人を含めてもそのような場面に遭遇した人はいません。
まあ、中には二度、三度と遭遇する方もいるでしょうが・・・
ほとんどの方は、自分に限ってそんな場面に直面するわけがないと思っているでしょう。
しかし、現実として心臓病で亡くなる人たちの数は、
交通事故で亡くなる人よりもはるかに多いのが現状です。

実際の話として、自分の目の前で人が倒れている場面に直面された人達は
、自分以外に周りに救助活動してくれる人がいないか探したという方が多いようです。
もちろん、救助の知識や実践の経験があれば
すぐにでも救助活動できるでしょうが、
知識や実戦の経験がなければ誰でもそうなると思います。

私もたぶん、他に救助活動してくれる人を探すと思います。
仮に自分しか救助活動できる人間がいない場合に倒れている人がいて、
呼吸をしていないと分かっても、心肺蘇生法を知らなければどうしたらいいか困るでしょう。
しかし、もしもそれが自分の身内で起こった場合なら、非常にパニクり、苛立つと思います。
そういうときにAEDがあれば、助かる命がたくさんあります。
しかし、AEDが誰でも使えることは知っていても、実際にどこに設置してあるか知っていますか。

そして、たとえAEDの使い方は分からなくても、
AEDをどのような時に使うのかぐらいは知っておきましょう。
また、実際のAEDを見た事がなくてAEDがどんな形かを知らなくても、
AED設置のマークは見た覚えはないでしょうか?
すでにAEDの使い方の講習を受けられた方達はほとんど全員が
AEDの使い方を覚えておいて損はないと言っています。
AEDなんて自分には関係ないと決め付けないで、
AEDのどんなことでもいいので知ろうとすることが一番重要なことだと思います。

タグ

2008年1月28日|

カテゴリー:AED知識, AED設置, AED講習

AED使用方法

さて、AEDが心肺停止状態のときに使うということは分かっても、
AEDの使い方が分からなければ困ります。

現在、日本で販売されているAEDは主に3種類だけです。
ですからそれぞれに特徴がありますが、
3種類とも基本的な操作は同じで使い方は簡単です。

AEDを使う場合、最初に電気をいれなくてはなりません。
パニックっている場合など案外、忘れがちになりますので
わかっているつもりでも見落としがちな点です。
電源ボタンを押すタイプのAEDの機種もあり、
このタイプのAEDならパニックっている場合でも大丈夫です。
また、AEDの蓋をひらけば、自動的にAEDの電源が入る機種もあります。
あとは大抵、AEDから音声メッセージが流れますので
音声メッセージに従ってAEDを操作をしていくだけでOKです。
操作の方法は、まず、AEDのパッドを胸の2箇所につけますが、
これもAEDのパッドに絵が描いてあるので、
胸のどこにつければ良いかが一目瞭然でわかると思います。
パッドを装着したら、最後にAEDにケーブルをつなげます。
これには、パッドにつながっているケーブルをAEDに接続するものもあれば、
あらかじめAED本体と繋がっているものもあります。
このあと、電気ショックを流すのですが、
本当に電気を流していいのか?、心臓病なのか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
我々、一般人は医者ではないのでそう思うのも当然です。

しかし、AEDのスゴイところは、患者さんの身体にパッドが繋がれると、
自動的に心電図を読み取って解析してくれます。
そして30秒から45秒程度で、AEDが心電図を解析し、
その患者さんに電気ショックが必要か否かを音声メッセージで教えてくれますから、
安心してAEDを使用することができます。
電気ショックのあとも、AEDは、心電図を測り、
さらに電気ショックが必要かどうかも教えてくれます。
このように、誰にでも簡単に使えるAEDですが、
全く触ったことがない人に、いきなり実践となるとやはり難しいかもしれません。
AEDの講習は、消防署でも実施していますが、
学校や会社、地方自治体によって開かれているものも多いようです。
終了証が発行される講習会もあれば、もらえない講習会もあってさまざまですが
どちらのAED講習会の場合でもAED講習を受けておく方が
安心してイザというときに慌てず、AEDを使えると思います。
参加できるAED講習会はどのようなものかを事前に調べてから参加されると良いでしょう。

タグ

2008年1月27日|

カテゴリー:AED知識, AED講習, 人命救助, 心肺停止