AEDの電源

アドセンス

AEDの電源

AEDは、いつでも使用ができます。
では一体、このAEDの電気はどこから来ているのでしょう?
不思議に思いませんか?

実は、AEDには内蔵バッテリーが搭載されています。
このバッテリーの寿命は未使用の場合で約4年です。
使用していなくても、バッテリーは消耗しますが
日常の消耗分は常に補給されているので、バッテリーは常時満充電状態なのだそうです。
さらには、毎日定期的に機械が自動的に充電状態を点検をしてくれるのだそうです。
とても賢くて優れものですね。

では、使用したときはどうなのでしょう?
使用したAEDは電源を勝手にきらないようにします。
これはあとで、メーカーがメンテナンスを行うので、使用した後、放っておいて
電気が切れたらどうしようと言った心配は不要です。

さらにこれにはもう一つ理由があります。
AEDには、メモリー機能がついたタイプがあります。
メモリー機能に残った記録を医師に提出し、確認してもらわなければなりませんから、
勝手に後片付けをすることは無いようにしないといけないのだそうです。
もちろんパッドを剥がすこともしないで、そのままの状態にしておきます。

大抵の場合は、救急車が来て救急員が処理してくれますので
事後処理は気にしなくてもいいと思います。

とはいえ、AEDは常にメンテナンスをしてくれ、管理してくれる人がいるような
公共の場所にしかないわけではありません。
家庭用にAEDを購入される方もおられると思います。

もしも、家庭用のAEDを購入した場合は、購入先のメンテナンスもあるでしょうが
定期的に充電状態ぐらいは点検をしたほうが良いでしょう。

ただ、知識がないのにむやみに触らないようにしてください。

動作可能かどうかぐらいのチェックだけでしておく方がいいでしょう。

いざという時に、役に立たないようでは困りますから、
何か不安になるような箇所があればすぐに購入先に問い合わせるようにし、
いつでも使えるように準備を整えておきましょう。

タグ

2008年2月20日|

アドセンス