子供に対する、AED使用

子供に対する、AED使用

AEDを使うのは、大人だけではありません。
子供にも心停止状態になる可能性はないとはいえません。
実際に、野球やソフトボールのボールが当たったり、
マラソン中に子供が心停止状態になった事例は報告されています。

2004年にAEDの一般人使用が認められたものの、
子供にAEDを使用することは認められていませんでした。
しかし、2006年から子供にもAEDを使用することが認められています。

通常のAEDは大人用に作られていますから、
これを子供に使うことは避けなくてはいけません。

では、子供と大人の違いは何でしょう?
大人用のAEDは8歳以上もしくは、体重が25�s以上と定められています。
子供用は1歳以上8歳未満で、1歳未満の子供には使用することができません。
さらに、子供用のAEDは、電気エネルギー量も成人の3分の1になっています。

小児用のAEDが認められた現在は、多くの小学校や保育園でAEDが設置されるようになりました。
しかし、小児用のAEDがなくても諦めないで下さい。
なんといっても、緊急事態ですから大人用のAEDを使用しても
法律上責任を問われることはありません。
ただし、大人用の電極パッドを子供に貼る場合は、
二つの電極パッドが重ならないように注意して下さい。

最近は、大人用のAEDに子供用の電極パッドが
一緒に入っているものが多くなってきました。

未来ある子供の将来のためにも、
多くの方がAEDについての関心を増やして下さることを望まずにはいられません。

タグ

2008年5月 8日|

カテゴリー:AED知識, AED設置, 心肺停止, 心臓しんとう