AED使用方法

AED使用方法

さて、AEDが心肺停止状態のときに使うということは分かっても、
AEDの使い方が分からなければ困ります。

現在、日本で販売されているAEDは主に3種類だけです。
ですからそれぞれに特徴がありますが、
3種類とも基本的な操作は同じで使い方は簡単です。

AEDを使う場合、最初に電気をいれなくてはなりません。
パニックっている場合など案外、忘れがちになりますので
わかっているつもりでも見落としがちな点です。
電源ボタンを押すタイプのAEDの機種もあり、
このタイプのAEDならパニックっている場合でも大丈夫です。
また、AEDの蓋をひらけば、自動的にAEDの電源が入る機種もあります。
あとは大抵、AEDから音声メッセージが流れますので
音声メッセージに従ってAEDを操作をしていくだけでOKです。
操作の方法は、まず、AEDのパッドを胸の2箇所につけますが、
これもAEDのパッドに絵が描いてあるので、
胸のどこにつければ良いかが一目瞭然でわかると思います。
パッドを装着したら、最後にAEDにケーブルをつなげます。
これには、パッドにつながっているケーブルをAEDに接続するものもあれば、
あらかじめAED本体と繋がっているものもあります。
このあと、電気ショックを流すのですが、
本当に電気を流していいのか?、心臓病なのか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
我々、一般人は医者ではないのでそう思うのも当然です。

しかし、AEDのスゴイところは、患者さんの身体にパッドが繋がれると、
自動的に心電図を読み取って解析してくれます。
そして30秒から45秒程度で、AEDが心電図を解析し、
その患者さんに電気ショックが必要か否かを音声メッセージで教えてくれますから、
安心してAEDを使用することができます。
電気ショックのあとも、AEDは、心電図を測り、
さらに電気ショックが必要かどうかも教えてくれます。
このように、誰にでも簡単に使えるAEDですが、
全く触ったことがない人に、いきなり実践となるとやはり難しいかもしれません。
AEDの講習は、消防署でも実施していますが、
学校や会社、地方自治体によって開かれているものも多いようです。
終了証が発行される講習会もあれば、もらえない講習会もあってさまざまですが
どちらのAED講習会の場合でもAED講習を受けておく方が
安心してイザというときに慌てず、AEDを使えると思います。
参加できるAED講習会はどのようなものかを事前に調べてから参加されると良いでしょう。

タグ

2008年1月27日|

カテゴリー:AED知識, AED講習, 人命救助, 心肺停止