AEDを家庭に設置

AEDを家庭に設置

AEDの価格で話しましたように日本ではAEDは
約40万円ほどするといわれています。

価格が高額なため、必要に応じてAEDを
レンタルで利用されている方も少なくないでしょう。

しかし、アメリカではAEDの家庭への普及率も高く、
約10万円ほどで購入できるAEDもあります。

実際にAEDを使うのは、生涯に1度あるかないかというぐらいですので
そんなものにお金はかけられないという方もおられると思います。

しかし、心肺停止がおきる場所は、
通常AEDが設置してある公共施設でだけおきるわけではありません。
自宅内での心肺停止が実は一番 多いそうです。

普段は普通に生活している人も、もしかしたら
隠れた心臓病を持っているかもしれません。
医者から、「心臓に注意するように」と言われている方や
狭心症などの心臓病の方もおられると思います。

ご家族にこのような心臓に疾患を持っている方がいらっしゃる場合、
家庭にもAEDがあれば、イザという時に安心です。

まだまだ少ないですが日本でも実際に家庭用にAEDを
用意されている方もおられるようです。

心臓病の児童を学校の遠足などの課外授業に参加させたいとの思いから、
先生がAEDを持参されて他の子供達と同じように参加できたという話もあります。

このような先生を持つ子供は幸せですし、
他の子供たちにもいい影響を与えるでしょう。

近い将来、日本でもAEDの価格が下がり、
できれば一家に一台、最悪でも隣近所、数軒で一台ぐらいの
AEDが普及される事を望みます。

また、AEDの普及だけではなく、AEDの使い方、
さらには心肺蘇生法との連携による
緊急蘇生ガイドラインを多くのかたに知っておいて欲しいと思います。

タグ

2008年2月 9日|

カテゴリー:AED知識, AED設置, 心肺蘇生法