緊急蘇生ガイドラインによるAED使用までの流れ

緊急蘇生ガイドラインによるAED使用までの流れ

実際、AEDを使用するまでの流れを説明します。

これは、日本版緊急蘇生ガイドライン(2005年)準拠に
よるものです。

まず、倒れている人を発見すると倒れている人の肩を
たたき、意識があるかどうかどうか確認します。

次に倒れている人のあごをあげて、気道確保しながら
呼吸の確認をします。

そして意識があってもなくても、呼吸がしっかりしていれば
安静体位をとり、119番をし、専門家の到着を待ちます。

意識がない場合や意識があっても呼吸が十分でない場合は、
近くの人に助けを求め、119番をしてもらい、
AEDが近くにないどうか探してもらい、
あればAEDを取ってきてもらいます。

近くに人がいない場合は、倒れている人が
大人と子供の場合で対処が違ってきます。

倒れている人が大人の場合、自分でまず119番をして、
近くにAEDがないか探し、あればとってきてから
心肺蘇生法を試みます。

倒れている人が子供の場合は、すぐに心肺蘇生法を実施します。
これは、子供の心停止の場合、呼吸原性の心停止が多いので
119番通報やAEDより心肺蘇生法の方を優先させます。

心肺蘇生法ですがまず、人工呼吸を2回試みます。

精神的、物理的理由で人工呼吸が難しい場合は、
速やかに胸骨圧迫による心臓マッサージを行います。

約2分間、心臓マッサージを一人で行えば、
疲れていなくても交代が可能であれば他の人に
代わってもらうようにする。

これは、心臓マッサージを行っている人が自覚していない
疲れによる不完全な心臓マッサージを防ぐ意味がある。

そしてAEDが到着すれば、ただちにAEDを使用する。

AEDを使用した後、すぐに胸骨圧迫による
心臓マッサージを再開する。

2分間または、5サイクルの心臓マッサージ後に
AEDによる心電図チェックが始まるので
心臓マッサージを中断する。

その後は、使用するAEDの音声メッセージに
従って進めてください。

これがAED使用までの緊急蘇生ガイドラインになります。

簡易的な説明だけですので実際には、幼児、子供、症状など
詳細に分かれて記されていますので詳しく知りたい方は、
講習会などに参加された方が確実ですが流れだけでも
知っておくと知らないよりは実際の現場に遭遇した場合、
役に立つと思います。

タグ

2008年2月 2日|

カテゴリー:心肺蘇生法, 救急