AED使用と事前準備

AED使用と事前準備

さて、あなたは、町で倒れている人を見かけたら、どうしますか?
大抵の人は近くに人に助けを呼びにいくか、119番するでしょう。
では、救急車が到着するまであなたは、何をすればいいのでしょうか。

このサイトがAEDのサイトですのでAEDを使用すると答えると思いますが
近くにAEDが無い場合もありますのでAEDの使い方を覚える前に、
まずは心肺蘇生法というのを知っておいてください。

日本医師会では、『ABC+D』を覚えてくださいと呼びかけることで、
心肺蘇生法を広めています。
心肺蘇生法の『ABC+D』とは、どのようなものか順を追って説明していきます。

まずは、Aの「気道確保」です。
あなたの片手を倒れている人の額にあて、
もう片方の手で下あごを持ち上げましょう。
Bは「人工呼吸」です。
気道確保しながら、倒れている人の鼻をつまみ
口から大きく息を吹き込みます。
胸の動きを観察しながら、この動作を2回繰り返します。
その後、中断することなくCの「心臓マッサージ」をします。
胸の真ん中あたりに両方の掌を置き、
1分間に100回くらいの速さで30回、胸を圧迫します。
心臓マッサージは弱い力ではいけません。力強く行う必要があります。
このあとは、人工呼吸と心臓マッサージを5回繰り返しましょう。

心肺蘇生法は手順や力の入れ方など知識だけでは不完全ですので
できれば講習会などに参加して正しいやり方を学んでおく方がいいでしょう。
最悪の場合、気道確保だけでもしてください。
この間に救急車が到着するかもしれませんし、
AEDが届けられるかもしれません。
そして最後のDが「除細動」。AEDの使用のことをいいます。
もちろん『ABC』ができなくても、
『D』の除細動だけの方法で今までたくさんの命が助かっています。
それだけAEDは、扱いやすく、救命率も高い方法です。
各市町村などの消防署のホームページなどに、
心肺蘇生法の手順やAEDについての正しい使い方が載っています。
万が一の時に、パニックにならないように、一度見ておくことをお勧めします。

タグ

2008年1月27日|

カテゴリー:AED知識, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法