人工呼吸

AEDトレーニングキット

AEDを本物の現場で躊躇なく使用するためには
AED講習を受けておくべきです。

AED講習は各自治体のイベント、消防署などで
定期的に行われています。

講習内容の多くは心肺停止時の人工呼吸、
心臓マッサージなどの心肺蘇生法と
AED講習になっています。

そのAED講習に使うAEDですが
講習で本物のAEDを使うことはできませんので
マネキンと練習用の電気が流れないAED、
AEDトレーナーと呼ばれる、AEDトレーニングキットが使われます。

このAEDトレーニングキットの
AEDトレーナーは電気が流れないだけで
操作の方法や音声ガイドは本物のAEDと
同じですのでAEDの操作を学ぶには最適です。

ただ、一つ難点があり、価格が高価で
人工呼吸や心臓マッサージを行ったり、
AEDのパッドを貼るマネキンと電気が流れないAED、
AEDトレーナーのAEDトレーニングキットセットで約10万ぐらいします。

また、マネキンは複数台あるほうがいいのですが
マネキンだけでも5万円ぐらいします。

詳しくは、こちらのサイトにてご確認ください。

ですからAEDの講習がもっと多く行われる必要があるのですが
本格的なAEDの講習を行うには費用がかかりますので
なかなか小規模の団体や個人で行うことは難しいのが現状です。

しかしこの問題の解決策がないわけでもありません。
AEDトレーニングキットをレンタルするという方法もあり、
レンタルだとマネキンとAEDトレーニングキットのセットで
一日あたり、7350円~ぐらいからレンタルできますので
小規模の団体だとレンタルを使えば、
AED講習を行うこともできると思います。

AEDトレーニングキットのレンタルはこちら

さて小規模の団体の場合はレンタルという方法で
高価なAEDトレーニングキットを使うことができ、
個人でもこのレンタルという方法を使うことは可能ですが
ご自身がBLSヘルスケアプロバイダーでもない限り、
やはり費用の負担は大きく、家庭で気軽に家族に
人工呼吸や心臓マッサージ、AEDの使い方を
学ぶにはこのレンタルという方法も難しいでしょう。

では個人の場合、どうすればいいかということになりますが
個人でも費用の負担が少なく、AEDトレーニングキットを
使うことができる製品があります。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)と
呼ばれるもので空気で膨らませる簡易型の上半身の
マネキンと本格的なAEDトレーナーのように
音声ガイドやスイッチの操作はできませんが
AEDの使い方がわかるトレーニングAED、
心肺蘇生とAEDの使い方の他にも、小児の心肺蘇生、
気道異物の除去、感染防護具の使用についての内容が
収録されているDVD、テキストブック、模擬携帯電話が
セットされています。

このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
これだけのセット内容でありながら、
4,980円と本格的なAEDトレーニングキットと比べると
破格の安さです。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)を
つかえば、家族でいつでもAEDの使い方と心肺蘇生法を
学ぶことができますし、小規模の団体でも一人一台、
マネキンを割り当てることも可能となり、効率よく
AEDと心肺蘇生法の講習を行うことができます。

そしてBLSヘルスケアプロバイダーの方でも
自宅で手軽に反復練習をする事が可能です。

少しでもAEDや心肺蘇生法に興味がある方には、
このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は
大変魅力的なAEDトレーニングキットでしょう。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
救急手当推進計画救命コムにて購入できます。

タグ

2009年4月27日|

カテゴリー:AED知識, AED講習, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法

妊娠女性に対する、AED

AED講習を受ける方、特に女性からの質問で多いのが
「妊娠女性にはAEDを使っていいのですか?」という質問だそうです。
お腹に赤ちゃんがいるのに電気を流していいのだろうかと思うのは当然でしょう。
女性ならではの質問ですね。
これから赤ちゃんを産もうとしている方、
ご家族に妊娠女性がいらっしゃる場合は特に気になる質問です。
そしてこれに対する答えは「イエス」です。

AEDの電気は、お腹の中の赤ちゃんへの影響は問題ないそうです。
それよりも、母体の心肺停止状態が続くことのほうが
赤ちゃんへの影響が出てしまいますから、
妊娠女性を助けることを一番に考えましょう。

ですから、妊娠女性が心肺停止状態で倒れているときは、
人工呼吸、心臓マッサージを施しながらAEDを用意します。
AEDを装着して電気ショックが必要ならば、行います。
この際、電極パッド位置や電気量に変更はないそうです。

明らかにお腹が目立っていて妊娠女性だと一目で分かれば、
救急隊の人にも説明が出来ますが、中にはお腹が目立たない人もいらっしゃいますね。
しかし、AEDに関しては、妊娠女性も妊婦でない人も同じやり方でいいそうです。
ただし、食べ物が喉につまっている場合などに行う気道異物除去法は、
通常行う腹部突き上げ法は行わないようにします。
もしも、妊娠女性かどうか分からない場合で、妊娠可能な年齢であれば、
妊娠女性としての対応をしたほうが適切でしょう。

お腹の赤ちゃんは、お母さんの臍帯から酸素を供給して生きています。
一刻も早く赤ちゃんへ酸素を送り出すためにも、
一分一秒でも早い人命救助が出来るようにしたいものです。

タグ

2008年5月15日|

カテゴリー:AED知識, 人命救助, 人工呼吸, 心肺停止, 救命方法

AED講習会での講習内容

人工呼吸、心臓マッサージと聞くと、
あなたは何を連想しますか?

病院を連想する方もいるでしょうし、
人命救助の場面を連想する方もいるでしょう。

ではAEDとは?と聞かれたらどうでしょう?

AEDで人命救助に使う除細動器と連想する方は、
AEDが身近になりつつあるとはいえ、
まだ少数でしょう。

ほとんどの方は、AED???状態だと思います。

昔の人命救助といえば、人工呼吸・心臓マッサージ
だけだったんですが現在の人命救助は、
人工呼吸・心臓マッサージ・除細動の3つになります。

一般市民が行うこの人命救助の行為を救命手当と言います。
救命手当の方法はいろいろな場所で、
講習を受けることができます。

各地の消防署では頻繁にこの講習会を実施しています。

自治体でもよく講習会を行っています。

他には、最近、自動車免許を取ったことがある人は
教習所でも人命救助の講習を受けたと思います。

また、お勤めの会社や地域の団体の集まりなどでも
講習会は実施されています。

講習会は約3時間程で、人命救助のやり方、
心臓マッサージ、人工呼吸の方法、そしてAEDの使い方、
他にも止血法なども教えてもらうことができます。

人命救助の講習ですが実際に人が倒れてるわけではありませんので
倒れている人の代わりに訓練用のダミー人形を使用します。

この訓練用の人形ですが実に精巧に出来ています。

関節が曲がる、首が動く、胸が膨らむなどします。

大人と子供の2種類ある人形がほとんどですが
講習会では一般的に大人用を使用します。

あと、たいてい名前がついていますね。

私自身、講習会では実際に見たことがないのですが
出血したり、内蔵が飛び出している人形まであるそうです。
恐らく、このタイプは医療現場用で一般人の講習につかわれる
事はないでしょうけど・・・

さて、実際に講習会ではこの訓練用の人形を使って、
講習が行われるわけですが人形相手とはいえ、
初めの方は、緊張すると思います。

人工呼吸や心臓マッサージなど思った以上に力を入れて
やらないとうまくいきませんので思い切りが大切です。

そしてこの人形を使ってAEDの講習も行われます。
電気を流すんじゃないかと思っている方もいると思いますが
訓練使うAEDは、たいてい訓練用のAEDで本物のAEDと
同じように音声メッセージが流れますがスイッチを押しても
電気までは流しません。

場合によっては本物のAEDで講習する場合もありますが
この場合は、スイッチを押しませんので心配ないです。

人工呼吸や心臓マッサージは、一度ぐらいの講習では、
なかなか身につきませんがAEDは、操作が簡単ですので
一度、講習を受けておけば、イザ!というときに役に立ちます。

AED講習会と言えば、大人だけの場合もありますが
最近は、子供向けのAED講習会や親子講習会もありますので
子供のいる方は、親だけではなく、子供も一緒に参加して
子供にも命の大切さを知っておいてもらうといいですね。

タグ

2008年5月 6日|

カテゴリー:AED講習, 人命救助, 人工呼吸

AED講習会の形態

AEDの設置場所が増えるにつれて、
AED講習会に参加する人も増えています。

これは、AEDを設置している場所の人間に
AED講習が義務づけられているという要因があります。

それに伴い、心臓マッサージ、人工呼吸も含めた、
救命講習が多く開催されています。

AEDが一般市民に使えるようになる以前も
心臓マッサージ、人工呼吸のみの救命講習が
ありましたがあまり参加者は多くありませんでした。

そのAED講習ですがこれから講習を受けようと
思ってる方もいると思います。

AED講習を開催しているのは、自治体主催や
日本赤十字、消防署などがあります。

特に消防署では頻繁にAED講習を開いている所が
多く、地域に多くありますので受講しやすいです。

有料の場合もありますがたいていは、無料なのも
AED講習を受ける人にとっては嬉しいですね。

消防署で受けるAED講習の内容ですが
講習時間は3時間くらいで普通救命講習を学ぶのが
ほとんどです。

普通救命講習とは、
倒れている人の観察、気道確保、人工呼吸、
心臓マッサージそしてAEDの使用。
他に止血方法や倒れている人の体位管理、
応急手当の重要性を学ぶ講習です。

消防署によっては、その他にも
普通救命講習にAED業務従事者向けの
AEDの知識の確認と実技の評価が加わったコースや
普通救命講習にけがの手当や搬送方を学ぶ、
上級救命講習を実施しているところもあります。

各地域の消防署に問い合わせると
AED講習の詳しい内容や開催日程がわかります。

日本赤十字社の場合は有料で1500円かかります。

この費用は教本や万が一、講習中に怪我をした場合の
保険費用になります。

講習内容は消防署とほぼ同じで
講習時間は4時間ほどです。

消防署との違いは、受講すると
受講証が発行され、検定合格者には、
赤十字救急法基礎講習終了認定証がもらえます。

赤十字社の場合、更に水上や雪上、
幼児やお年寄りなど様々な状況、対象に
即した、講習なども開催されています。

講習内容や日程については、
赤十字社のホームページを参考にするか
直接、赤十字社に問い合わせて確認して下さい。

タグ

2008年5月 5日|

カテゴリー:AED講習, 人工呼吸

人命救助、一人の場合の心得

あなたの目の前で突然、人が倒れました。

周りに人が多くいる場所なら周りの人と一緒に
協力し合いながらその倒れた人を救助することが出来ます。

でも周りに人がいない場所で救助できる人間があなたしかいない場合、
どうしたらいいでしょうか。

まさか、同じ人間同士、見捨てるなんて事はできません。

倒れている人の命をつなぎ止めるかどうかは、あなたの行動によりますので
勇気をもって、救急活動して下さい。

あなたに救急活動の知識や救急活動の講習を受けたことがあるのなら
その通り、実践すればいいのですが救急活動の知識がない場合や、
知識や講習を受けたことがあっても自信のない場合は、
次のように必要最小限の救急活動だけは行って下さい。

まず、倒れている人の意識を確認し、119番に連絡します。
倒れている人が意識のない場合は、近くにAEDがないか探します。
その時、近くにAEDがない場合は、119番にAEDが必要な旨を伝えることが
できれば最良です。

AEDが近くにあれば、すぐにAEDを行って下さい。

AEDが心電図等を解析し、電気ショックを行う必要があるかどうか
判断しますのでその指示に従って下さい。

AEDで電気ショックをした場合は、30回の心臓マッサージと
2回の人工呼吸を行います。

場合によれば、再度、AEDによる電気ショックを行います。

AEDにより、電気ショックの必要なしと判断されれば、
心臓マッサージと人工呼吸を行います。

救急車が来るまで頑張って行って下さい。

あなたの行動が倒れている人の命を救う、唯一の手段ですから。

タグ

2008年2月11日|

カテゴリー:AED知識, 人命救助, 人工呼吸, 心肺蘇生法, 救命方法, 救急

人工呼吸の新兵器、キューマスク

心配蘇生でAEDも重要性ですが、
一番重要なのは、人工呼吸と心臓マッサージです。

これまで、人工呼吸は、他人の口に直接口をつけてやる必要があったため、
ためらう人が多かったんです。

そして唾液や口腔内の出血等で、
肝炎やHIV/AIDS(ヒト免疫不全ウィルス/エイズ)の
感染の危険性もあり、人工呼吸の普及を妨げていました。

ですから緊急蘇生法のガイドラインでも人工呼吸は、イヤなら
しなくてもよいとされているほどです。

そんな中、そうした問題を解決する道具が登場しました。

キューマスク、フェイスシールド、ポケットマスクと呼ばれる、
人工呼吸補助具です。

それぞれ、厳密な違いはあるようでないんですが
しいてあげればキューマスク、フェイスシールドはかなり小さく、
ポケットマスクは、少しかさばります。

また、ポケットマスクは形状がしっかりとしています。

キューマスク、フェイスシールドは柔軟性があります。

そしてキューマスクよりフェイスシールドのほうが
厚みがあり、大きいと言えます。

キューマスク、フェイスシールドは、簡単には破けない素材で
倒れている人の口にいれるマウスピースが装着されています。
このマウスピースは、吹込み口が一方弁式になっているので、
仮に倒れている人が嘔吐や喀血しても逆流してこない仕組みになっています。

これらを使えば、心理的にも感染予防の点からも安心して
人工呼吸をすることができますので常に携帯しておくといいと思います。

さらには、感染予防の点からグローブもセットにされているものもあるので、
安心して救助が出来ます。

AEDも小型化が進み、携帯できるようになればいいのですが。

タグ

2008年2月 2日|

カテゴリー:人工呼吸, 心肺蘇生法

緊急蘇生ガイドラインを覚える

あなたは、『救急蘇生ガイドライン』というものを知っていますか。
『救急蘇生ガイドライン』は、救急心肺蘇生の手順や指針が書かれたものなのですが、
今までは国や地域によって、
あるいは病院などによって緊急蘇生のやり方が色々だった方法を、
世界中で統一させるために、作られた、文字通り緊急蘇生の指導書です。
日本でAEDの一般市民の使用が許可されたのも、
この『救急蘇生ガイドライン』の影響を強く受けています。

最初の『救急蘇生ガイドライン』が作られたのが2000年で
そして、現在のガイドラインは2005年版になり、
2000年のガイドラインより色々変わっています。

この5年の間にどのような点が変更になったのかといえば、
まず、一番注目される大きな変更点は
一次救命処置と言われる心臓マッサージと人工呼吸の回数と割合です。
今までは心臓マッサージが15回、人工呼吸が2回でしたが、
これが心臓マッサージが30回、人工呼吸が2回に変更になっています。
そして、AEDの電気ショックを一度行った後に反応がなかった場合は、
この心臓マッサージ30回、人工呼吸2回を
合計5サイクル行うこととなりました。
今までは、一度のAEDの電気ショックで反応がなければ、
AEDの使用を3回まで続けても良いという事でしたから、
2005年の改訂でいかに一次救命処置の重要性が分かると思います。

さらには、心臓マッサージの重要性も高くなっています。
心臓マッサージは新生児以外できるだけ早期から十分な強さと十分な回数が
絶え間なく行われることが重要で、
2分間続けること。が記されています。
このガイドラインには『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』というものもあります。
ヘルスケア・プロバイダとは、職業上、傷病者に対応する可能性が高く、
公衆の健康管理にある程度の責任を負っている人のことを言います。
ガイドライン上の勧告では、
警察官、消防官、スポーツインストラクター、警備員などが
ヘルスケア・プロバイダにあたり、
これらの人たちは、市民救助者以上の蘇生スキルが必要とされています。
ヘルスケア・プロバイダーは医療従事者だけではありません。
『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』は、
ヘルスケア・プロバイダと言われる人たちが一般人に救助法を教えるための指導書になります。
この『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』でも、
やはり心臓マッサージの重要性が挙げられています。
心臓マッサージを伴わない人工呼吸だけの救助法を
教える事のないようにこの『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』で注意してあります。
この事から見ても分かるように、
心肺蘇生には心臓マッサージ・人工呼吸・AEDの3点セットが不可欠で
必ずこの3点セットを覚えなくてはいけないという事になります。
ただ、人工呼吸は心臓マッサージより重要性は低く、
場合によっては人工呼吸なしの2点セットでも実際は問題ありません。
この『救急蘇生ガイドライン』は、こちらで紹介していますので
興味のある方はお求めになって下さい。
できれば一家に一冊、常備されることをお勧めします。

タグ

2008年1月30日|

カテゴリー:AED知識, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法, 救急,

AEDは、万能ではありません。

人命救助をする上で、大切なのは、心臓マッサージや人工呼吸です。
ただ、心臓マッサージや人工呼吸は、
正しいやり方を覚えていないと、かなり難しい方法といえます。
講習を受けたことがある方は、おわかりだと思いますが、
心臓マッサージをするのにはかなりの力が必要です。
時には、肋骨が折れてしまうこともあるというのですから、その力は相当なものです。

また、人工呼吸もかなり強く息を吹き込まないといけません。
何度もやるとすぐに息切れしてしまうほどです。

その点、AEDは正しく装着すれば誰にでも簡単に使用できるという利点があります。
AEDの普及のおかげで、
社会復帰できるようになった人の数が増加傾向にあるのは間違いない事実でしょう。

しかし、AEDを使用したからといって、
倒れた方が必ず助かるということは残念ながらありえません。。
実際にAEDを使って、
正しく心肺蘇生法を実施したのにも関わらず、
うまく蘇生できなかったという例はたくさんあります。
周りにいる人間は「残念だったね」で済む話でも
蘇生をこころみた当人は、
「方法が間違っていたのだろうか?」「どうして助けてあげられなかったんだろう」と、
悩んでしまうといった話もあります。
人の命がかかっているのですから、
蘇生できなくても気にするなと言っても難しいと思います。
しかし、人命救助をしようとしたというその行為を感謝されることはあっても、
たとえ、助からなかったとしてもそれを責められるようなことは、あってはいけません。
何の医療知識もない一般人が「助けたい」と思い、一心に人命救助をしたのですから、
その行為は、ご家族の方にも理解いただけるはずです。
結果が伴えば最良ですが結果が思わしくないものでも
実践しようとした方の勇気は尊敬に値する行為だということを忘れないでください。

また、こういった場合、
蘇生をこころみ、失敗した人間は心に傷を負う場合もあると思いますので
国など公的機関がそういった人の心のケアも考えて欲しいですね。

タグ

2008年1月27日|

カテゴリー:AED知識, 人工呼吸, 心肺蘇生法

AED使用と事前準備

さて、あなたは、町で倒れている人を見かけたら、どうしますか?
大抵の人は近くに人に助けを呼びにいくか、119番するでしょう。
では、救急車が到着するまであなたは、何をすればいいのでしょうか。

このサイトがAEDのサイトですのでAEDを使用すると答えると思いますが
近くにAEDが無い場合もありますのでAEDの使い方を覚える前に、
まずは心肺蘇生法というのを知っておいてください。

日本医師会では、『ABC+D』を覚えてくださいと呼びかけることで、
心肺蘇生法を広めています。
心肺蘇生法の『ABC+D』とは、どのようなものか順を追って説明していきます。

まずは、Aの「気道確保」です。
あなたの片手を倒れている人の額にあて、
もう片方の手で下あごを持ち上げましょう。
Bは「人工呼吸」です。
気道確保しながら、倒れている人の鼻をつまみ
口から大きく息を吹き込みます。
胸の動きを観察しながら、この動作を2回繰り返します。
その後、中断することなくCの「心臓マッサージ」をします。
胸の真ん中あたりに両方の掌を置き、
1分間に100回くらいの速さで30回、胸を圧迫します。
心臓マッサージは弱い力ではいけません。力強く行う必要があります。
このあとは、人工呼吸と心臓マッサージを5回繰り返しましょう。

心肺蘇生法は手順や力の入れ方など知識だけでは不完全ですので
できれば講習会などに参加して正しいやり方を学んでおく方がいいでしょう。
最悪の場合、気道確保だけでもしてください。
この間に救急車が到着するかもしれませんし、
AEDが届けられるかもしれません。
そして最後のDが「除細動」。AEDの使用のことをいいます。
もちろん『ABC』ができなくても、
『D』の除細動だけの方法で今までたくさんの命が助かっています。
それだけAEDは、扱いやすく、救命率も高い方法です。
各市町村などの消防署のホームページなどに、
心肺蘇生法の手順やAEDについての正しい使い方が載っています。
万が一の時に、パニックにならないように、一度見ておくことをお勧めします。

タグ

2008年1月27日|

カテゴリー:AED知識, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法