救命方法

AEDトレーニングキット

AEDを本物の現場で躊躇なく使用するためには
AED講習を受けておくべきです。

AED講習は各自治体のイベント、消防署などで
定期的に行われています。

講習内容の多くは心肺停止時の人工呼吸、
心臓マッサージなどの心肺蘇生法と
AED講習になっています。

そのAED講習に使うAEDですが
講習で本物のAEDを使うことはできませんので
マネキンと練習用の電気が流れないAED、
AEDトレーナーと呼ばれる、AEDトレーニングキットが使われます。

このAEDトレーニングキットの
AEDトレーナーは電気が流れないだけで
操作の方法や音声ガイドは本物のAEDと
同じですのでAEDの操作を学ぶには最適です。

ただ、一つ難点があり、価格が高価で
人工呼吸や心臓マッサージを行ったり、
AEDのパッドを貼るマネキンと電気が流れないAED、
AEDトレーナーのAEDトレーニングキットセットで約10万ぐらいします。

また、マネキンは複数台あるほうがいいのですが
マネキンだけでも5万円ぐらいします。

詳しくは、こちらのサイトにてご確認ください。

ですからAEDの講習がもっと多く行われる必要があるのですが
本格的なAEDの講習を行うには費用がかかりますので
なかなか小規模の団体や個人で行うことは難しいのが現状です。

しかしこの問題の解決策がないわけでもありません。
AEDトレーニングキットをレンタルするという方法もあり、
レンタルだとマネキンとAEDトレーニングキットのセットで
一日あたり、7350円~ぐらいからレンタルできますので
小規模の団体だとレンタルを使えば、
AED講習を行うこともできると思います。

AEDトレーニングキットのレンタルはこちら

さて小規模の団体の場合はレンタルという方法で
高価なAEDトレーニングキットを使うことができ、
個人でもこのレンタルという方法を使うことは可能ですが
ご自身がBLSヘルスケアプロバイダーでもない限り、
やはり費用の負担は大きく、家庭で気軽に家族に
人工呼吸や心臓マッサージ、AEDの使い方を
学ぶにはこのレンタルという方法も難しいでしょう。

では個人の場合、どうすればいいかということになりますが
個人でも費用の負担が少なく、AEDトレーニングキットを
使うことができる製品があります。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)と
呼ばれるもので空気で膨らませる簡易型の上半身の
マネキンと本格的なAEDトレーナーのように
音声ガイドやスイッチの操作はできませんが
AEDの使い方がわかるトレーニングAED、
心肺蘇生とAEDの使い方の他にも、小児の心肺蘇生、
気道異物の除去、感染防護具の使用についての内容が
収録されているDVD、テキストブック、模擬携帯電話が
セットされています。

このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
これだけのセット内容でありながら、
4,980円と本格的なAEDトレーニングキットと比べると
破格の安さです。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)を
つかえば、家族でいつでもAEDの使い方と心肺蘇生法を
学ぶことができますし、小規模の団体でも一人一台、
マネキンを割り当てることも可能となり、効率よく
AEDと心肺蘇生法の講習を行うことができます。

そしてBLSヘルスケアプロバイダーの方でも
自宅で手軽に反復練習をする事が可能です。

少しでもAEDや心肺蘇生法に興味がある方には、
このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は
大変魅力的なAEDトレーニングキットでしょう。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
救急手当推進計画救命コムにて購入できます。

タグ

2009年4月27日|

カテゴリー:AED知識, AED講習, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法

妊娠女性に対する、AED

AED講習を受ける方、特に女性からの質問で多いのが
「妊娠女性にはAEDを使っていいのですか?」という質問だそうです。
お腹に赤ちゃんがいるのに電気を流していいのだろうかと思うのは当然でしょう。
女性ならではの質問ですね。
これから赤ちゃんを産もうとしている方、
ご家族に妊娠女性がいらっしゃる場合は特に気になる質問です。
そしてこれに対する答えは「イエス」です。

AEDの電気は、お腹の中の赤ちゃんへの影響は問題ないそうです。
それよりも、母体の心肺停止状態が続くことのほうが
赤ちゃんへの影響が出てしまいますから、
妊娠女性を助けることを一番に考えましょう。

ですから、妊娠女性が心肺停止状態で倒れているときは、
人工呼吸、心臓マッサージを施しながらAEDを用意します。
AEDを装着して電気ショックが必要ならば、行います。
この際、電極パッド位置や電気量に変更はないそうです。

明らかにお腹が目立っていて妊娠女性だと一目で分かれば、
救急隊の人にも説明が出来ますが、中にはお腹が目立たない人もいらっしゃいますね。
しかし、AEDに関しては、妊娠女性も妊婦でない人も同じやり方でいいそうです。
ただし、食べ物が喉につまっている場合などに行う気道異物除去法は、
通常行う腹部突き上げ法は行わないようにします。
もしも、妊娠女性かどうか分からない場合で、妊娠可能な年齢であれば、
妊娠女性としての対応をしたほうが適切でしょう。

お腹の赤ちゃんは、お母さんの臍帯から酸素を供給して生きています。
一刻も早く赤ちゃんへ酸素を送り出すためにも、
一分一秒でも早い人命救助が出来るようにしたいものです。

タグ

2008年5月15日|

カテゴリー:AED知識, 人命救助, 人工呼吸, 心肺停止, 救命方法

AED講習会と啓発活動

献血をすると、飴やドリンクがもらえるサービスがあるのはよく知られていますね。
さらには、1回行く毎にポイントがもらえて、ポイントをためるとプレゼントまでもらえます。
なかには、マッサージをしてくれたり、花をくれたりするところまであるそうです。
サービスをしないと献血する人が集まらないのは残念ですが、
でもサービスすることによって、多くの方が興味を沸くのは素晴らしい考えですよね。

一般的な救命講習では至れり尽くせりのサービスはありませんが、
ポイントがたまるカードがもらえるところがあるそうです。
しかし、残念ながらポイントをためても何ももらえないのだそうです。
定期的に講習を受けることが望ましいとの考えから、
自分がいつ講習を受けたのかが分かるようになっているのだとか・・・
AED使用の必要性がある方達への講習は、やはりこれが当たり前なのでしょう。

しかし、救命方法やAED講習、地震体験に子供向けの催し・・・など、
いろいろ学べてさらにはスタンプラリーでプレゼントなんていう行事があるんですよ。
9月9日は救急の日。
これにちなんで、この時期になると、色々な地域で催しを開催しています。

警察署主催の『交通安全祭』消防署主催の『消防訓練』
各自治体では『健康フェスティバル』など、名称はさまざまですがあなたの住んでいる地域にも
探せばこのような催し物を見つけることができるはずです。

普段、仕事をしていないような主婦の方、AEDには無縁な会社でお勤めのお父さん・・・
お子さんがいらっしゃるのなら、ご家族で参加してみてはいかがでしょう?
毎年、参加することを家族の年間行事の一つに加えていただけたら、
ご家族のコミュニケーションも深まるのではないでしょうか。

タグ

2008年5月 7日|

カテゴリー:AED講習, 救命方法, 救急

AED、気をつける点2

AEDの機械は、とても簡単な操作で使用することが出来ます。

これは、AEDを使う上でAEDの操作上のミスをなくしてトラブルを防ぐための
工夫がされているからです。

その大きな一つが、操作ボタンの数が少ないということがあげられます。

さらには、AEDから操作方法の音声メッセージが流されますので
AEDの音声メッセージの通りに操作すればいいだけですから、
AEDは子供から大人まで誰でも使用できるという利点があります。

しかし、AEDを使う上で人の手で処置しなくてはいけない部分には、
注意を必要とする事があります。
それは、AEDのパッドをしっかり貼らなくてはいけないという点です。

AEDのパッドの貼り方が悪いと、心電図の読み取りや解析が不十分になる恐れがあり、
充分な効果が発揮できない可能性があります。

ですから、AEDのパッドの粘着部分はしっかりと肌に密着させるようにしてください。

また、AEDのパッドを貼る部分に胸毛などの体毛がある場合は、剃る必要があります。

そのため、AEDのケースにはカミソリも入っています。

しかし一刻を争うときにそんな悠長なことはしていられないと思います。

そのような時の簡単な方法というか、裏技としてAEDのパッドを
一度しっかり貼ってから一気に剥がして、体毛を抜き取る方法があります。

通常であれば大変痛い行為なんですがこの場合、意識がありませんので
問題なく実行できると思います。万が一、この行為で倒れている人が
目覚めればいいのですが・・・

少し話が逸れましたがその後、新しいAEDのパッドにつけかえて、
次の操作に移つってください。

誰でも、焦り、パニックになると頭の中が真っ白になってしまいます。

そういったときに落ち着いて行動する為には、
指差し確認・声だし確認が有効になります。

この方法は救急隊員に限らず、消防士の方達など
人命を預かる仕事に就かれている方達にはオーソドックスな方法です。

この方法は自分を落ち着かせるだけではなく、
ミスにも気づくことが出来る一番良い方法ではないかと思います。

タグ

2008年5月 4日|

カテゴリー:AED知識, 救命方法, 救急

AED、気をつける点1

夏になると、海やプールでの事故のニュースが必ずあります。

海やプールに入る前には、必ず準備体操をしないといけませんが、
大人の方で準備体操をして、海やプールに入る人はあまりいないでしょう。

準備体操は、身体全体の筋肉をほぐす為だけでなく、
心臓に水圧による負担をかけないためにも
重要な作業です。

そのため、準備体操を怠ると心臓発作を起こしやすくなります。

心臓発作を起こした場合にAEDが非常に有効な蘇生手段となります。

ですが海やプールで倒れてしまった人がいた場合、
AEDを使用したら周りの人たちにも電気が流れてしまうのではないのかと
不安に思う方もいると思います。

しかし、心配はいりません。
電気は抵抗が最も少なく流れやすい場所を通るからです。

そしてそれは、AEDの場合、2枚のパッドの間の事をいいますから心配は不要です。

ですから、水に濡れている水辺やプールサイドなどで使用しても問題はありません。

ただし、AEDのパッドを取り付けられる人(倒れている人)の水分は
事前に拭き取っておくことは、必要ですので必ず忘れないようにして
拭き取ってあげてください。

また、倒れている人がネックレスなどの金属類をしている場合は、
ネックレスなどにAEDのパッドが触れないように注意して下さい。
もしも、簡単に取れるようなら金属類を外してからAEDを使用した方がいいでしょう。

さらに、最も重要なのはAEDの電気を流す際には、スイッチを押す人も
周りに居る人も倒れてAEDのパットを装着した人には触れないようにします。
慌てていると、忘れてしまいがちですが、AEDが音声で「離れてください」などと
音声メッセージを流してくれますので、速やかに離れてください。

万が一、触れてしまっていても軽い火傷を負ったという事例があるぐらいですので、
重大な事故にはなったという報告はありませんので
それほど心配することもないでしょう。。

AEDは、正しい使い方をすれば大きな心配はいりませんから、
焦らずに慎重に正しく、操作を行うようにしましょう。

タグ

2008年5月 3日|

カテゴリー:AED知識, 人命救助, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法

AED、使用方法と注意点

AED設置場所とは、どのような所でしょう?

病院、駅、学校、ホテル、デパート、公民館、スポーツ施設など
私達は、色々な場所でAEDを見つけることが出来ます。

このようにAED設置場所で働く人たちには、
AEDの講習が義務づけられています。

他にも注意事項が定められています。

まず第一に、医師等が周りにいないかどうか確認しないといけません。
医師がいない場合、医師による処置が望めないのでAEDの使用が認められます。
次に、倒れている人に意識や呼吸の確認をしていなくてはいけません。
最後に、通常は問題ないと思いますが設置されているAEDが
医療用具として薬事法上の承認を得ていること。

以上の条件を満たしていれば、
医師法(昭和23年法律第201号)第17条違反にならず、
医師免許がなくてもAEDを用いることが許可されています。

もちろん、AED設置場所で働く人たちには、
AEDの講習が義務づけられていますが
AEDを使用する場面に滅多に居合わせない一般人においては、
AED講習は受けていなくてもAEDを使用することができます。

これは、一般市民がAEDを使用する際は、緊急避難時の医療行為として
法律で許可されているからです。

人命に関わる重要な行為ですから、出来ることなら救命活動に参加したくないと
思われるかもしれませんが人命を助けようとして行った行為なのですから、
最悪、結果が良くなくとも、刑罰を受けたり損害賠償を求められることはないので
安心して自信を持って積極的に救命活動に取り組んでください。

人工呼吸や心臓マッサージは知識や講習を受けたことがないと出来ませんが、
AEDは機械が音声メッセージで方法を教えてくれます。
その通りやればいいのですから、心配いりません。

勇気を持って積極的に救命活動するようにしてください。

タグ

2008年4月28日|

カテゴリー:AED知識, AED設置, 救命方法

ペースメーカー、ICD使用者へのAED注意点

私たち人間の心臓は1日に約10万回、収縮と弛緩を繰り返し、
正常なリズムで動いています。

人間が生きている間、心臓は絶え間なく収縮と弛緩を
繰り返しています。

この収縮と弛緩を常に正常なリズムで行っていれば、
問題ないのですが色々な原因でこのリズムが狂います。

心臓が正確なリズムで収縮するためには、
心筋の細胞が電気的に活動しなければなりません。
この活動を指示する電気は、最初に心房の一部でつくられ、
刺激伝導系と呼ばれる電気を伝えるシステムで
心房から心室へと伝えられます。
この時、電気が流れる方向は
必ず一つの方向でないといけません。

これが狂うと不整脈を発生します。

成人の安静時心拍数は一般に毎分50〜70回(bpm)ですが、
30〜40回 (bpm)を徐脈と定義されます。

この心拍数が遅くなる、徐脈の主な原因は、
電気を作る機能が悪くなる場合と
電気の通りが悪くなる場合があります。

電気の通りが悪くなる多くの場合、心房と心室の間で生じ、
房室ブロックと呼ばれています。

この徐脈に対する治療で最も有効で確実な方法がペースメーカーです。

反対に、心拍数が100bpmを超える状態を頻脈と言います。
頻脈は多くの場合、心臓の中で電気が異常に早くつくられるか、
異常な電気の通り道ができて電気の空回りが起こるために発生します。

心因性の場合は、安静にするなどしていると落ち着きを取り戻しますが
疾患性の場合、心室頻拍、心室細動といった重大な頻脈となります。

心室頻拍、心室細動などの致命的な頻脈を治療する方法として、
植え込み型除細動器、ICDと呼ばれるものが用いられます。

これらのペースメーカー、ICD使用者へのAEDを行う場合は、
注意することがあります。

このペースメーカーやICDを植え込んでいる人に、
AEDを使用する場合は、ペースメーカーやICDから
約3センチ位、離れた場所にAEDパッドを貼る必要があります。

これは、ペースメーカーやICDの上から
AEDを行ってもペースメーカーやICDに電流が妨げられて、
効果が得られないからです。

では、どうやってペースメーカーやICDが植え込んであるかどうか
探せばいいのでしょうか。

これらの機械を埋め込んでいる場所は、膨らんでいます。
触れば、硬く、こぶのような感じです。

倒れている人がいれば、観察が大事ですが
AEDを行う場合は、こういった部分の観察も大事です。

とにかく、胸を触って違和感を感じる部分があれば、
その部分を避けてAEDパッチを貼るようにするといいでしょう。

タグ

2008年3月26日|

カテゴリー:AED知識, 救命方法

狭心症の治療パッチ使用者へのAED注意点

通常に生活していた人や普通に歩いていた人が
突然、あなたの目の前で倒れてしまう。

そんな光景を想像したことがあるでしょうか?

恐らく、あまり想像した人はいないでしょう。

しかし、このように突然、人が倒れてしまうことは
想像していなくてもあなたの目の前で
起こってしまう場合があります。

これは、事故であったり、心臓の病気だったりします。

事故は防ぎようがないですが心臓の病気の場合は、
ある程度、予防できますのでご自身やご家族に
心臓病の方がいたら、注意が必要です。

その心臓病の中でも突然、発作が起こり、
意識がなくなり、倒れてしまうのが狭心症です。

狭心症とは、心臓に血液を送る血管が一時的に詰まって、
心筋が酸素不足になり、胸の痛みが起こったり、
胸が締めつけられるような感じがしたり、
動悸が起こったりといった症状があります。

狭心症の患者さんには、狭心症予防のため、
胸にパッチと呼ばれる貼付薬を貼っている方がいます。

このパッチの多くは、ニトログリセリンの製剤で、
末梢の血管を広げることにより心臓へ戻っていく血流量を
減らして心臓の負担を軽くする効果があります。
また、心筋を養う血管(冠血管)も拡張して、
心筋に酸素や栄養分を十分に送り届ける効果もあります。

ですが狭心症予防のパッチを貼っていても、
心臓が活発に動いて心筋が多くの血液を必要とする
運動時に狭心症が起こったり、
日常の生活の中では、重い荷物を持って歩いたり、
坂道や階段を上がったり、急いで歩いたりした時に
突然発作にに襲われます。

軽い場合は数分、安静にしていれば治まりますが
最悪の場合、心停止を起こして命を失ってしまいます。

ですから倒れている人がいる場合は、
すみやかにAEDを行わないといけません。

心停止を起こした場合、
3分以内に心肺蘇生法などの応急措置をしないと
脳に酸素が届かなくなり、脳細胞が壊死しはじめ、
生命に危険が及びます。

脳へ血液が10秒流れないと意識がなくなり、
身体にけいれんが起こるようになります。
1分以上、脳へ血液が流れないと脳に何らかの障害が残り、
そして脳への血液の流れが3分以上ストップすると
脳が重大なダメージを受けます。
幸いに一命を取り留めたとしても、
脳細胞が死んでしまうことによって
意識が戻らない植物人間状態になることもあります。

心臓発作起こして倒れた人を見つけ、
すぐに救急車を呼んだとしても、
救急車到着までには平均で6分以上かかります。

ですから倒れた人の周りにいる人が
迅速かつ正確な心肺蘇生法を行えるかどうかが、
倒れた人の命や回復後の明暗を分けるといってもいいでしょう。

特に身近に心臓病をお持ちの方がいる場合は、
万が一のために心肺蘇生法を学んでおくほうが安心です。

そして心臓病の中でも先ほど述べた、狭心症のパッチを
している方にAEDをする場合は注意することがあります。

AEDのパッドを貼り付ける時に狭心症のパッチを見つけたら、
出来るだけ剥がして下さい。

狭心症のパッチを貼ったままだとAEDをしたときに
軽い火傷をしてしまう場合があります。

とはいえ、なかなか冷静な状態ではないですし、
迅速な行動が重要ですので肌色で大きさも小さく、
見つけにくいパッチを絶対に探さないといけないと
いうことはありません。

軽い火傷と命が助かることを天秤にかけると
命が助かる方が重要です。

タグ

2008年3月26日|

カテゴリー:AED知識, 心肺蘇生法, 救命方法

人命救助、一人の場合の心得

あなたの目の前で突然、人が倒れました。

周りに人が多くいる場所なら周りの人と一緒に
協力し合いながらその倒れた人を救助することが出来ます。

でも周りに人がいない場所で救助できる人間があなたしかいない場合、
どうしたらいいでしょうか。

まさか、同じ人間同士、見捨てるなんて事はできません。

倒れている人の命をつなぎ止めるかどうかは、あなたの行動によりますので
勇気をもって、救急活動して下さい。

あなたに救急活動の知識や救急活動の講習を受けたことがあるのなら
その通り、実践すればいいのですが救急活動の知識がない場合や、
知識や講習を受けたことがあっても自信のない場合は、
次のように必要最小限の救急活動だけは行って下さい。

まず、倒れている人の意識を確認し、119番に連絡します。
倒れている人が意識のない場合は、近くにAEDがないか探します。
その時、近くにAEDがない場合は、119番にAEDが必要な旨を伝えることが
できれば最良です。

AEDが近くにあれば、すぐにAEDを行って下さい。

AEDが心電図等を解析し、電気ショックを行う必要があるかどうか
判断しますのでその指示に従って下さい。

AEDで電気ショックをした場合は、30回の心臓マッサージと
2回の人工呼吸を行います。

場合によれば、再度、AEDによる電気ショックを行います。

AEDにより、電気ショックの必要なしと判断されれば、
心臓マッサージと人工呼吸を行います。

救急車が来るまで頑張って行って下さい。

あなたの行動が倒れている人の命を救う、唯一の手段ですから。

タグ

2008年2月11日|

カテゴリー:AED知識, 人命救助, 人工呼吸, 心肺蘇生法, 救命方法, 救急

緊急蘇生ガイドラインを覚える

あなたは、『救急蘇生ガイドライン』というものを知っていますか。
『救急蘇生ガイドライン』は、救急心肺蘇生の手順や指針が書かれたものなのですが、
今までは国や地域によって、
あるいは病院などによって緊急蘇生のやり方が色々だった方法を、
世界中で統一させるために、作られた、文字通り緊急蘇生の指導書です。
日本でAEDの一般市民の使用が許可されたのも、
この『救急蘇生ガイドライン』の影響を強く受けています。

最初の『救急蘇生ガイドライン』が作られたのが2000年で
そして、現在のガイドラインは2005年版になり、
2000年のガイドラインより色々変わっています。

この5年の間にどのような点が変更になったのかといえば、
まず、一番注目される大きな変更点は
一次救命処置と言われる心臓マッサージと人工呼吸の回数と割合です。
今までは心臓マッサージが15回、人工呼吸が2回でしたが、
これが心臓マッサージが30回、人工呼吸が2回に変更になっています。
そして、AEDの電気ショックを一度行った後に反応がなかった場合は、
この心臓マッサージ30回、人工呼吸2回を
合計5サイクル行うこととなりました。
今までは、一度のAEDの電気ショックで反応がなければ、
AEDの使用を3回まで続けても良いという事でしたから、
2005年の改訂でいかに一次救命処置の重要性が分かると思います。

さらには、心臓マッサージの重要性も高くなっています。
心臓マッサージは新生児以外できるだけ早期から十分な強さと十分な回数が
絶え間なく行われることが重要で、
2分間続けること。が記されています。
このガイドラインには『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』というものもあります。
ヘルスケア・プロバイダとは、職業上、傷病者に対応する可能性が高く、
公衆の健康管理にある程度の責任を負っている人のことを言います。
ガイドライン上の勧告では、
警察官、消防官、スポーツインストラクター、警備員などが
ヘルスケア・プロバイダにあたり、
これらの人たちは、市民救助者以上の蘇生スキルが必要とされています。
ヘルスケア・プロバイダーは医療従事者だけではありません。
『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』は、
ヘルスケア・プロバイダと言われる人たちが一般人に救助法を教えるための指導書になります。
この『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』でも、
やはり心臓マッサージの重要性が挙げられています。
心臓マッサージを伴わない人工呼吸だけの救助法を
教える事のないようにこの『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』で注意してあります。
この事から見ても分かるように、
心肺蘇生には心臓マッサージ・人工呼吸・AEDの3点セットが不可欠で
必ずこの3点セットを覚えなくてはいけないという事になります。
ただ、人工呼吸は心臓マッサージより重要性は低く、
場合によっては人工呼吸なしの2点セットでも実際は問題ありません。
この『救急蘇生ガイドライン』は、こちらで紹介していますので
興味のある方はお求めになって下さい。
できれば一家に一冊、常備されることをお勧めします。

タグ

2008年1月30日|

カテゴリー:AED知識, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法, 救急,