緊急蘇生ガイドラインの本 2005年度版準拠

緊急蘇生ガイドラインの本です。

一般向けとヘルスケア・プロバイダ向けの2種類があります。

ヘルスケア・プロバイダ向けは、緊急蘇生を指導する方用ですので
購入の際は、ご注意下さい。

緊急蘇生の講習に参加できない方は、本を読んで
知識をつけておくだけでも実際に現場に遭遇した場合、
対処が違ってきますので是非、購入して読んでおくことを
強くお勧めします。

AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン 日本語版〈2005〉
AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン 日本語版〈2005〉
American Heart Association,Inc.
price : ¥5,775
release : 2006/12

心臓の血管手術をしたものです、、、

 これらの病気は医師の繊細な技術と患者との和やかなつきあい。
そうゆう背景があって成功したという事かとおもいます。魂のふれあい愛情なくては
完成されにくいとおもいます。
わたしは幸い脳などに異常がないので、日常は少し人よりゆるやかですが
まー普通に生活しています。しかし、心肺蘇生でたすかってはいるが
介護度5の夫を考えてしまいます。はたして言葉や文字も読めてなお左側は
全て不自由です。もー7年目になります。半年前わたくしでは荷が重いので
勧められて同じ病院の施設で幸せそうに(見た目ですが)くらしています。

 医術はケアの時代にはいっています。もちろん家族もふくめてです。
そこここに除細動器具があるようになりました。
 それは行政より市民の切なる願いから備え付けられたかとおもわれます。
 このような立派な本を見るに付け日本語版になり多くの人の目にふれ
日本蘇生協議会という存在を知りあーー見えないところでの働きは尊いと
深く感じました。
 レビュアーとしてわたくしと同じような方々が沢山いるいまの時代
どうぞ、みなさまへ一読推薦させていただきます。




DVDと写真でわかる心肺蘇生法完全マスター―日本版・最新「救急蘇生ガイドライン2005」に沿ったBLS、ALS
DVDと写真でわかる心肺蘇生法完全マスター―日本版・最新「救急蘇生ガイドライン2005」に沿ったBLS、ALS

価格:3,570
発送時期:在庫あり。
DVDと写真でわかる心肺蘇生法完全マスター―日本版・最新「救急蘇生ガイドライン2005」に沿ったBLS、ALS



救急蘇生法の指針―市民用
救急蘇生法の指針―市民用
へるす出版
price : ¥420
release : 2006/07



救急蘇生法の指針―市民用・解説編
救急蘇生法の指針―市民用・解説編
へるす出版
price : ¥1,260
release : 2006/07

初心者にもわかりやすい

初心者にも分かりやすく蘇生法について書かれています。
この前、当直していたら心肺蘇生をする機会があり麻酔科だったのでERにいってみるとまだ新しいガイドラインが頭に入ってない研修医の先生がたくさんいました。
この本で勉強してみてください。


ナースがはじめるICLS(二次救命処置)―今日からあなたもVFハンター! 日本版救急蘇生の新ガイドライン対応
ナースがはじめるICLS(二次救命処置)―今日からあなたもVFハンター! 日本版救急蘇生の新ガイドライン対応
メディカ出版
price : ¥2,100
release : 2007/04



ACLSトレーニングマニュアル
ACLSトレーニングマニュアル
へるす出版
price : ¥3,150
release : 2005/01



心肺蘇生法教本
心肺蘇生法教本
大修館書店
price : ¥840
release : 2007/06



写真でわかる急変時の看護―心肺蘇生法を中心に...処置の流れとポイントを徹底理解!
写真でわかる急変時の看護―心肺蘇生法を中心に...処置の流れとポイントを徹底理解!
インターメディカ
price : ¥2,625
release : 2005/10

カラーなのは見やすい

全ページがカラー写真で構成されていて見やすい本だと思います。ただ内容が人工呼吸、心マ、除細動ばっかりで、もう少し様々な急変の病態に応じた看護が載っていたら良かったんじゃないかと思います。心肺蘇生のABCについて詳しく知りたい人にはいいと思います。


BLSヘルスケアプロバイダーマニュアル 日本語版―AHAガイドライン2005準拠
BLSヘルスケアプロバイダーマニュアル 日本語版―AHAガイドライン2005準拠
中山書店
price : ¥4,830
release : 2007/06

待ちに待った日本語版

やっとでましたね。講習会をやっても日本語テキストがなく、困っていました。唯一のテキストなので、他の本で代えるわけにはいかず、首長く待っていました。



AHA BLSヘルスケアプロバイダーインストラクターパッケー―AHAガイドライン2005準拠
AHA BLSヘルスケアプロバイダーインストラクターパッケー―AHAガイドライン2005準拠
中山書店
price : ¥22,942
release : 2007/07

タグ

2008年1月31日|

カテゴリー:心肺蘇生法,

緊急蘇生ガイドラインを覚える

あなたは、『救急蘇生ガイドライン』というものを知っていますか。
『救急蘇生ガイドライン』は、救急心肺蘇生の手順や指針が書かれたものなのですが、
今までは国や地域によって、
あるいは病院などによって緊急蘇生のやり方が色々だった方法を、
世界中で統一させるために、作られた、文字通り緊急蘇生の指導書です。
日本でAEDの一般市民の使用が許可されたのも、
この『救急蘇生ガイドライン』の影響を強く受けています。

最初の『救急蘇生ガイドライン』が作られたのが2000年で
そして、現在のガイドラインは2005年版になり、
2000年のガイドラインより色々変わっています。

この5年の間にどのような点が変更になったのかといえば、
まず、一番注目される大きな変更点は
一次救命処置と言われる心臓マッサージと人工呼吸の回数と割合です。
今までは心臓マッサージが15回、人工呼吸が2回でしたが、
これが心臓マッサージが30回、人工呼吸が2回に変更になっています。
そして、AEDの電気ショックを一度行った後に反応がなかった場合は、
この心臓マッサージ30回、人工呼吸2回を
合計5サイクル行うこととなりました。
今までは、一度のAEDの電気ショックで反応がなければ、
AEDの使用を3回まで続けても良いという事でしたから、
2005年の改訂でいかに一次救命処置の重要性が分かると思います。

さらには、心臓マッサージの重要性も高くなっています。
心臓マッサージは新生児以外できるだけ早期から十分な強さと十分な回数が
絶え間なく行われることが重要で、
2分間続けること。が記されています。
このガイドラインには『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』というものもあります。
ヘルスケア・プロバイダとは、職業上、傷病者に対応する可能性が高く、
公衆の健康管理にある程度の責任を負っている人のことを言います。
ガイドライン上の勧告では、
警察官、消防官、スポーツインストラクター、警備員などが
ヘルスケア・プロバイダにあたり、
これらの人たちは、市民救助者以上の蘇生スキルが必要とされています。
ヘルスケア・プロバイダーは医療従事者だけではありません。
『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』は、
ヘルスケア・プロバイダと言われる人たちが一般人に救助法を教えるための指導書になります。
この『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』でも、
やはり心臓マッサージの重要性が挙げられています。
心臓マッサージを伴わない人工呼吸だけの救助法を
教える事のないようにこの『ヘルスケア・プロバイダー向け心肺蘇生ガイドライン』で注意してあります。
この事から見ても分かるように、
心肺蘇生には心臓マッサージ・人工呼吸・AEDの3点セットが不可欠で
必ずこの3点セットを覚えなくてはいけないという事になります。
ただ、人工呼吸は心臓マッサージより重要性は低く、
場合によっては人工呼吸なしの2点セットでも実際は問題ありません。
この『救急蘇生ガイドライン』は、こちらで紹介していますので
興味のある方はお求めになって下さい。
できれば一家に一冊、常備されることをお勧めします。

タグ

2008年1月30日|

カテゴリー:AED知識, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法, 救急,