検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“レンタル”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

AEDトレーニングキット

AEDを本物の現場で躊躇なく使用するためには
AED講習を受けておくべきです。

AED講習は各自治体のイベント、消防署などで
定期的に行われています。

講習内容の多くは心肺停止時の人工呼吸、
心臓マッサージなどの心肺蘇生法と
AED講習になっています。

そのAED講習に使うAEDですが
講習で本物のAEDを使うことはできませんので
マネキンと練習用の電気が流れないAED、
AEDトレーナーと呼ばれる、AEDトレーニングキットが使われます。

このAEDトレーニングキットの
AEDトレーナーは電気が流れないだけで
操作の方法や音声ガイドは本物のAEDと
同じですのでAEDの操作を学ぶには最適です。

ただ、一つ難点があり、価格が高価で
人工呼吸や心臓マッサージを行ったり、
AEDのパッドを貼るマネキンと電気が流れないAED、
AEDトレーナーのAEDトレーニングキットセットで約10万ぐらいします。

また、マネキンは複数台あるほうがいいのですが
マネキンだけでも5万円ぐらいします。

詳しくは、こちらのサイトにてご確認ください。

ですからAEDの講習がもっと多く行われる必要があるのですが
本格的なAEDの講習を行うには費用がかかりますので
なかなか小規模の団体や個人で行うことは難しいのが現状です。

しかしこの問題の解決策がないわけでもありません。
AEDトレーニングキットをレンタルするという方法もあり、
レンタルだとマネキンとAEDトレーニングキットのセットで
一日あたり、7350円~ぐらいからレンタルできますので
小規模の団体だとレンタルを使えば、
AED講習を行うこともできると思います。

AEDトレーニングキットのレンタルはこちら

さて小規模の団体の場合はレンタルという方法で
高価なAEDトレーニングキットを使うことができ、
個人でもこのレンタルという方法を使うことは可能ですが
ご自身がBLSヘルスケアプロバイダーでもない限り、
やはり費用の負担は大きく、家庭で気軽に家族に
人工呼吸や心臓マッサージ、AEDの使い方を
学ぶにはこのレンタルという方法も難しいでしょう。

では個人の場合、どうすればいいかということになりますが
個人でも費用の負担が少なく、AEDトレーニングキットを
使うことができる製品があります。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)と
呼ばれるもので空気で膨らませる簡易型の上半身の
マネキンと本格的なAEDトレーナーのように
音声ガイドやスイッチの操作はできませんが
AEDの使い方がわかるトレーニングAED、
心肺蘇生とAEDの使い方の他にも、小児の心肺蘇生、
気道異物の除去、感染防護具の使用についての内容が
収録されているDVD、テキストブック、模擬携帯電話が
セットされています。

このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
これだけのセット内容でありながら、
4,980円と本格的なAEDトレーニングキットと比べると
破格の安さです。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)を
つかえば、家族でいつでもAEDの使い方と心肺蘇生法を
学ぶことができますし、小規模の団体でも一人一台、
マネキンを割り当てることも可能となり、効率よく
AEDと心肺蘇生法の講習を行うことができます。

そしてBLSヘルスケアプロバイダーの方でも
自宅で手軽に反復練習をする事が可能です。

少しでもAEDや心肺蘇生法に興味がある方には、
このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は
大変魅力的なAEDトレーニングキットでしょう。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
救急手当推進計画救命コムにて購入できます。

タグ

2009年4月27日|

カテゴリー:AED知識, AED講習, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法

AEDを家庭に設置

AEDの価格で話しましたように日本ではAEDは
約40万円ほどするといわれています。

価格が高額なため、必要に応じてAEDを
レンタルで利用されている方も少なくないでしょう。

しかし、アメリカではAEDの家庭への普及率も高く、
約10万円ほどで購入できるAEDもあります。

実際にAEDを使うのは、生涯に1度あるかないかというぐらいですので
そんなものにお金はかけられないという方もおられると思います。

しかし、心肺停止がおきる場所は、
通常AEDが設置してある公共施設でだけおきるわけではありません。
自宅内での心肺停止が実は一番 多いそうです。

普段は普通に生活している人も、もしかしたら
隠れた心臓病を持っているかもしれません。
医者から、「心臓に注意するように」と言われている方や
狭心症などの心臓病の方もおられると思います。

ご家族にこのような心臓に疾患を持っている方がいらっしゃる場合、
家庭にもAEDがあれば、イザという時に安心です。

まだまだ少ないですが日本でも実際に家庭用にAEDを
用意されている方もおられるようです。

心臓病の児童を学校の遠足などの課外授業に参加させたいとの思いから、
先生がAEDを持参されて他の子供達と同じように参加できたという話もあります。

このような先生を持つ子供は幸せですし、
他の子供たちにもいい影響を与えるでしょう。

近い将来、日本でもAEDの価格が下がり、
できれば一家に一台、最悪でも隣近所、数軒で一台ぐらいの
AEDが普及される事を望みます。

また、AEDの普及だけではなく、AEDの使い方、
さらには心肺蘇生法との連携による
緊急蘇生ガイドラインを多くのかたに知っておいて欲しいと思います。

タグ

2008年2月 9日|

カテゴリー:AED知識, AED設置, 心肺蘇生法

AEDレンタルサービス

最近では、AEDもかなり普及してくるようになり、
公共施設など人がたくさん集まるところでは、
よくAEDを見かけます。

しかし、高価なAEDを簡単に多くの場所に設置することは難しいです。

市民病院など大病院は、AEDを設置しているところが多くなりましたが、
個人経営の小さな病院や診療所などではまだまだAEDの設置が
進んでいない現状です。

AEDは高価な上、通常、使用機会はほとんどありません。
設置されている場所によっては、AED機械そのものの
寿命が来るまで一度、使われないものもありそうです。

人の命が救えるかも知れないとはいえ、
費用対効果を考えると・・・

なかなか購入まで踏み切れないというのもわかります。

しかし、AEDは、購入するだけでなく、
レンタルする方法もあるんです。

レンタル料金はレンタルをしている会社や期間、AEDの機種など、
様々な要素で色々パターンがあります。

一応、2007年後半で長期レンタルの場合は毎月 約2万円ぐらい
かかるAEDレンタルサービスが主流です。

しかもレンタルの場合、電極パッドや電池の交換や
AED機器の定期的メンテナンスまで含まれていますので
レンタル費用以外に余計な費用が
かかったりすることがないので安心です。

万が一、AED機械そのものが破損した場合でも、
無料で修理や交換をしてくれる場合がほとんどです。

また、町内のお祭りやスポーツ大会などのイベント期間の
短期間だけAEDを用意しておきたい場合でも大丈夫です。

AEDのレンタルは短期間のレンタルもあります。

短期の場合は、2泊3日で約1万円ぐらいが相場です。

さらに、AEDの機械だけのレンタルだけではなく、
トレーニング用のダミー人形やAEDケースなど
他のオプション関係を含めて、
AEDをレンタルさせてくれるメーカーもあります。

万が一、AEDを短期レンタル中に使用した場合、
電極パッドは買い取りになるケースが普通ですので
それだけは注意が必要です。

AEDを設置したいのに、購入に踏み切れていない人にとって、
レンタルサービスはとても価値あるものです。

AEDをレンタルしている会社によって
レンタルしているAEDの機種も値段も期間も
違ってきますからAEDのレンタルを検討されている方は、
よく調べてからAEDをレンタルすることをお勧めします。

タグ

2008年2月 7日|

カテゴリー:AED知識

AEDの価格

2004年7月1日より一般人でも使えるようになった、
AEDですが現在の所、公共施設やホテルなどの人が集まるところをもつ、
公共団体や企業が中心に設置していて、
一般家庭個々へのAEDの普及は、まだまだです。
心肺停止はいつ、どこで起きるかわかりませんので
一般家庭へのAEDの普及も広まっていいのですが
価格がネックとなり、
一般家庭へのAED普及は、なかなか進んでいないのが現状です。

AEDの価格は、販売制とレンタル制の2種類があり、
販売されているAEDの価格は、実売で28万円くらいから40万円以上まで
機種により差がありますが販売されているAEDは、高価です。
また、AEDは、オプションやメンテナンスなども必要になりますので
それ以上になる場合もほとんどです。
レンタルのAEDの場合は、月、10000円ぐらいから20000円ぐらいの価格になります。
こちらもトータルとすると結構な金額になりますが
販売されているAEDを購入するよりも
オプション、メンテナンス込みの場合がほとんどなので
まだ現実的な値段ではないでしょうか。

特に心臓病をお持ちの家族の方がいるご家庭では、
レンタルでのAED設置をしておけば、万が一の時にでも安心です。
普及が進めば、AEDの価格も下がってくるでしょうし、
国民の健康、命の問題ですのでAEDに対する、国からの補助制度などが整備されることを望みます。

タグ

2008年1月27日|

カテゴリー:AED知識, 心肺停止