検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“人命救助”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

妊娠女性に対する、AED

AED講習を受ける方、特に女性からの質問で多いのが
「妊娠女性にはAEDを使っていいのですか?」という質問だそうです。
お腹に赤ちゃんがいるのに電気を流していいのだろうかと思うのは当然でしょう。
女性ならではの質問ですね。
これから赤ちゃんを産もうとしている方、
ご家族に妊娠女性がいらっしゃる場合は特に気になる質問です。
そしてこれに対する答えは「イエス」です。

AEDの電気は、お腹の中の赤ちゃんへの影響は問題ないそうです。
それよりも、母体の心肺停止状態が続くことのほうが
赤ちゃんへの影響が出てしまいますから、
妊娠女性を助けることを一番に考えましょう。

ですから、妊娠女性が心肺停止状態で倒れているときは、
人工呼吸、心臓マッサージを施しながらAEDを用意します。
AEDを装着して電気ショックが必要ならば、行います。
この際、電極パッド位置や電気量に変更はないそうです。

明らかにお腹が目立っていて妊娠女性だと一目で分かれば、
救急隊の人にも説明が出来ますが、中にはお腹が目立たない人もいらっしゃいますね。
しかし、AEDに関しては、妊娠女性も妊婦でない人も同じやり方でいいそうです。
ただし、食べ物が喉につまっている場合などに行う気道異物除去法は、
通常行う腹部突き上げ法は行わないようにします。
もしも、妊娠女性かどうか分からない場合で、妊娠可能な年齢であれば、
妊娠女性としての対応をしたほうが適切でしょう。

お腹の赤ちゃんは、お母さんの臍帯から酸素を供給して生きています。
一刻も早く赤ちゃんへ酸素を送り出すためにも、
一分一秒でも早い人命救助が出来るようにしたいものです。

タグ

2008年5月15日|

カテゴリー:AED知識, 人命救助, 人工呼吸, 心肺停止, 救命方法

AED講習会での講習内容

人工呼吸、心臓マッサージと聞くと、
あなたは何を連想しますか?

病院を連想する方もいるでしょうし、
人命救助の場面を連想する方もいるでしょう。

ではAEDとは?と聞かれたらどうでしょう?

AEDで人命救助に使う除細動器と連想する方は、
AEDが身近になりつつあるとはいえ、
まだ少数でしょう。

ほとんどの方は、AED???状態だと思います。

昔の人命救助といえば、人工呼吸・心臓マッサージ
だけだったんですが現在の人命救助は、
人工呼吸・心臓マッサージ・除細動の3つになります。

一般市民が行うこの人命救助の行為を救命手当と言います。
救命手当の方法はいろいろな場所で、
講習を受けることができます。

各地の消防署では頻繁にこの講習会を実施しています。

自治体でもよく講習会を行っています。

他には、最近、自動車免許を取ったことがある人は
教習所でも人命救助の講習を受けたと思います。

また、お勤めの会社や地域の団体の集まりなどでも
講習会は実施されています。

講習会は約3時間程で、人命救助のやり方、
心臓マッサージ、人工呼吸の方法、そしてAEDの使い方、
他にも止血法なども教えてもらうことができます。

人命救助の講習ですが実際に人が倒れてるわけではありませんので
倒れている人の代わりに訓練用のダミー人形を使用します。

この訓練用の人形ですが実に精巧に出来ています。

関節が曲がる、首が動く、胸が膨らむなどします。

大人と子供の2種類ある人形がほとんどですが
講習会では一般的に大人用を使用します。

あと、たいてい名前がついていますね。

私自身、講習会では実際に見たことがないのですが
出血したり、内蔵が飛び出している人形まであるそうです。
恐らく、このタイプは医療現場用で一般人の講習につかわれる
事はないでしょうけど・・・

さて、実際に講習会ではこの訓練用の人形を使って、
講習が行われるわけですが人形相手とはいえ、
初めの方は、緊張すると思います。

人工呼吸や心臓マッサージなど思った以上に力を入れて
やらないとうまくいきませんので思い切りが大切です。

そしてこの人形を使ってAEDの講習も行われます。
電気を流すんじゃないかと思っている方もいると思いますが
訓練使うAEDは、たいてい訓練用のAEDで本物のAEDと
同じように音声メッセージが流れますがスイッチを押しても
電気までは流しません。

場合によっては本物のAEDで講習する場合もありますが
この場合は、スイッチを押しませんので心配ないです。

人工呼吸や心臓マッサージは、一度ぐらいの講習では、
なかなか身につきませんがAEDは、操作が簡単ですので
一度、講習を受けておけば、イザ!というときに役に立ちます。

AED講習会と言えば、大人だけの場合もありますが
最近は、子供向けのAED講習会や親子講習会もありますので
子供のいる方は、親だけではなく、子供も一緒に参加して
子供にも命の大切さを知っておいてもらうといいですね。

タグ

2008年5月 6日|

カテゴリー:AED講習, 人命救助, 人工呼吸

人命救助、一人の場合の心得

あなたの目の前で突然、人が倒れました。

周りに人が多くいる場所なら周りの人と一緒に
協力し合いながらその倒れた人を救助することが出来ます。

でも周りに人がいない場所で救助できる人間があなたしかいない場合、
どうしたらいいでしょうか。

まさか、同じ人間同士、見捨てるなんて事はできません。

倒れている人の命をつなぎ止めるかどうかは、あなたの行動によりますので
勇気をもって、救急活動して下さい。

あなたに救急活動の知識や救急活動の講習を受けたことがあるのなら
その通り、実践すればいいのですが救急活動の知識がない場合や、
知識や講習を受けたことがあっても自信のない場合は、
次のように必要最小限の救急活動だけは行って下さい。

まず、倒れている人の意識を確認し、119番に連絡します。
倒れている人が意識のない場合は、近くにAEDがないか探します。
その時、近くにAEDがない場合は、119番にAEDが必要な旨を伝えることが
できれば最良です。

AEDが近くにあれば、すぐにAEDを行って下さい。

AEDが心電図等を解析し、電気ショックを行う必要があるかどうか
判断しますのでその指示に従って下さい。

AEDで電気ショックをした場合は、30回の心臓マッサージと
2回の人工呼吸を行います。

場合によれば、再度、AEDによる電気ショックを行います。

AEDにより、電気ショックの必要なしと判断されれば、
心臓マッサージと人工呼吸を行います。

救急車が来るまで頑張って行って下さい。

あなたの行動が倒れている人の命を救う、唯一の手段ですから。

タグ

2008年2月11日|

カテゴリー:AED知識, 人命救助, 人工呼吸, 心肺蘇生法, 救命方法, 救急