検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“厚労省”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

AED設置場所

AEDの設置はここ数年でかなりの場所に設置されています。
AEDは設置される場所が多ければ多いほど
それだけ人命救助につながりますのでいいことです。

ただ、AEDの設置が進む反面、AEDがどこに設置されているか
わかりづらい状態になっています。

公共機関などのAED設置は各都市の役所などのサイトなどで
確認できることが多いですが民間で設置されているAEDは、
サイトなどで一度に確認することが難しいです。

そのため、AED普及団体や各自治体などがAED設置場所を
AEDを設置している民間に登録するようにお願いしていますが
なかなか進んでいません。

そういった中、財団法人日本救急医療財団の
AED検索サイトは、登録数も多いのでAEDの設置場所を
事前に調べるのには便利です。

また、各自治体や大学、鉄道など公共交通機関などでは
細かいAED設置場所を公開していますので
事前に行く場所が決まっている場合は調べることもできます。

では、事前にAED設置場所を調べる事ができない場合、
その場所にAEDが設置されているかどうか探す方法ですが
AEDは、当サイトのヘッダーやプロフィール欄の画像にも
使っているこのマーク↓
aedMarck.gif

赤のハートに黄色の稲妻が描かれている下部に
AEDや自動体外式除細動器など文字が書かれているものが
心肺蘇生法委員会において、AED設置場所を意味する
統一表示として正式に採択されたものですので
このマークを目印にするとAED設置場所をみつけることが
できると思います。

とはいえ、心肺停止状態に陥った人が身近にでた場合、
慌てますのでなかなか探すのは難しいと思います。

AED設置数が増えれば増えるだけ設置場所を
すぐに見つけられることが重大な問題となってくるでしょうから
厚労省などがしっかりとAED設置場所のとりまとめを行い、
わかりやすいAED設置場所のマップの作成をし、
町の案内板やウェブ上などに掲載する必要があると思います。

できれば携帯電話が普及している現在、
GPS機能なんかとリンクさせて自分のいる場所の
近くのAEDがわかる機能なんかを開発することも
できるんじゃないかなと期待しています。

さすがにそこまでの機能は難しいかもしれませんが
現に埼玉県では民間のAEDも含めて
携帯電話やパソコンから、地図、住所、施設名から
AEDの設置場所検索ができ、サイト上の地図から
最寄りのAEDマークをクリックすれば、
施設名や住所、設置位置が分かるようにする
埼玉県独自のAED設置情報提供システム
すでに稼働しています。

こういった取り組みは素晴らしいことですので
厚労省は自治体だけに任せるだけでなく、
国の事業としてAED設置場所をとりまとめ、
イザというとき、AED設置場所を探すのに
困らないようにして欲しいですね。

タグ

2009年4月25日|

カテゴリー:AED知識, AED設置, 救急, 鉄道

厚労省がAEDの点検呼びかけ

AEDは、心肺停止状態からの蘇生にすぐれた効果を発揮しますが
いざという時に使えないと困ります。

AEDの電源でも説明していますが
AEDのバッテリーは、4年ぐらいで使えなくなってしまいます。

またAEDの電極パットも2〜3年で粘着部が
硬化して肌に密着できなくなってしまいます。

AEDが一般市民でも使えるようになった平成16年7月からで
今年で5年目になります。

AEDが数多く設置されだしたのがここ1〜2年の間ですので
そんなに寿命が来ているバッテリーや電極パットの
AEDはないと思いますが当初から設置されていて
一度も使われたことがないAEDはバッテリーや
電極パットが交換時期に来ていますので点検が必要になります。

ただ、多くのAEDはメーカーがメンテナンスをしていますので
そんなに心配する必要はないと思いますが
中にはメンテナンスされていないAEDもあるかもしれませんので
この機会にAEDを設置している団体や事業所では
AEDを点検された方がいいでしょう。

また、いざという時、AEDが使えないと困りますので
日頃からAEDを点検する点検担当者を決めて、
適切な管理を行うように
厚労省も呼びかけていますのでそういったことも
AEDの適切な管理、運営のために心掛けないといけませんね。

タグ

2009年4月16日|

カテゴリー:AEDニュース, AED知識