検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“心停止”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

AEDの救命率が8年間で2倍に。

心停止にAEDは効果があるのはわかっていましたが
実データとしてAEDがどれくらい救命に
効果があるかの日本での実データは
あまりありませんでしたが
このたび、京都大学などの調べで病院以外の場所で
心停止して倒れた人がAEDで
電気ショックを受けるまでの時間が
8年間で半分以下になり、
救命率は倍の3割になったことが
わかりました。

これは大阪府内の98〜06年のデータを
分析し、目撃者がいた約9千人分を検討した結果です。

そのうち心室細動を起こしたのは1733人。
ほぼ全員が救命士によるAEDを受けています。

心停止してからAEDを受けるまでの時間が
短ければ短いほど救命率はあがります。

そのAEDを受けるまでの時間が
1998年に平均19分だったんですが
だんだん短くなり、2006年には、
平均9分まで短縮しています。

一ヶ月後に生存している救命率も
15%〜31%に、障害が残らず、
社会復帰する率も6%〜16%に上がっています。

調査をした京都大の石見拓・助教は
「救急隊の努力でここまで上がったが、
これ以上到着時間を縮めるのは難しい。
居合わせた一般の人がもっと心肺蘇生や
AED使用に取り組んでくれれば
さらに救命率は高まるはずだ」と
話しておられます。

このデータからもAEDを早く使えば、
使うほど救命率が向上しているのがわかりますので
私たちも倒れた人がいて、近くにAEDがあれば
すすんでAEDを使うように心掛ける必要があります。

タグ

2009年3月30日|

カテゴリー:AEDニュース, AED知識, 人命救助, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救急

子供に対する、AED使用

AEDを使うのは、大人だけではありません。
子供にも心停止状態になる可能性はないとはいえません。
実際に、野球やソフトボールのボールが当たったり、
マラソン中に子供が心停止状態になった事例は報告されています。

2004年にAEDの一般人使用が認められたものの、
子供にAEDを使用することは認められていませんでした。
しかし、2006年から子供にもAEDを使用することが認められています。

通常のAEDは大人用に作られていますから、
これを子供に使うことは避けなくてはいけません。

では、子供と大人の違いは何でしょう?
大人用のAEDは8歳以上もしくは、体重が25�s以上と定められています。
子供用は1歳以上8歳未満で、1歳未満の子供には使用することができません。
さらに、子供用のAEDは、電気エネルギー量も成人の3分の1になっています。

小児用のAEDが認められた現在は、多くの小学校や保育園でAEDが設置されるようになりました。
しかし、小児用のAEDがなくても諦めないで下さい。
なんといっても、緊急事態ですから大人用のAEDを使用しても
法律上責任を問われることはありません。
ただし、大人用の電極パッドを子供に貼る場合は、
二つの電極パッドが重ならないように注意して下さい。

最近は、大人用のAEDに子供用の電極パッドが
一緒に入っているものが多くなってきました。

未来ある子供の将来のためにも、
多くの方がAEDについての関心を増やして下さることを望まずにはいられません。

タグ

2008年5月 8日|

カテゴリー:AED知識, AED設置, 心肺停止, 心臓しんとう

狭心症の治療パッチ使用者へのAED注意点

通常に生活していた人や普通に歩いていた人が
突然、あなたの目の前で倒れてしまう。

そんな光景を想像したことがあるでしょうか?

恐らく、あまり想像した人はいないでしょう。

しかし、このように突然、人が倒れてしまうことは
想像していなくてもあなたの目の前で
起こってしまう場合があります。

これは、事故であったり、心臓の病気だったりします。

事故は防ぎようがないですが心臓の病気の場合は、
ある程度、予防できますのでご自身やご家族に
心臓病の方がいたら、注意が必要です。

その心臓病の中でも突然、発作が起こり、
意識がなくなり、倒れてしまうのが狭心症です。

狭心症とは、心臓に血液を送る血管が一時的に詰まって、
心筋が酸素不足になり、胸の痛みが起こったり、
胸が締めつけられるような感じがしたり、
動悸が起こったりといった症状があります。

狭心症の患者さんには、狭心症予防のため、
胸にパッチと呼ばれる貼付薬を貼っている方がいます。

このパッチの多くは、ニトログリセリンの製剤で、
末梢の血管を広げることにより心臓へ戻っていく血流量を
減らして心臓の負担を軽くする効果があります。
また、心筋を養う血管(冠血管)も拡張して、
心筋に酸素や栄養分を十分に送り届ける効果もあります。

ですが狭心症予防のパッチを貼っていても、
心臓が活発に動いて心筋が多くの血液を必要とする
運動時に狭心症が起こったり、
日常の生活の中では、重い荷物を持って歩いたり、
坂道や階段を上がったり、急いで歩いたりした時に
突然発作にに襲われます。

軽い場合は数分、安静にしていれば治まりますが
最悪の場合、心停止を起こして命を失ってしまいます。

ですから倒れている人がいる場合は、
すみやかにAEDを行わないといけません。

心停止を起こした場合、
3分以内に心肺蘇生法などの応急措置をしないと
脳に酸素が届かなくなり、脳細胞が壊死しはじめ、
生命に危険が及びます。

脳へ血液が10秒流れないと意識がなくなり、
身体にけいれんが起こるようになります。
1分以上、脳へ血液が流れないと脳に何らかの障害が残り、
そして脳への血液の流れが3分以上ストップすると
脳が重大なダメージを受けます。
幸いに一命を取り留めたとしても、
脳細胞が死んでしまうことによって
意識が戻らない植物人間状態になることもあります。

心臓発作起こして倒れた人を見つけ、
すぐに救急車を呼んだとしても、
救急車到着までには平均で6分以上かかります。

ですから倒れた人の周りにいる人が
迅速かつ正確な心肺蘇生法を行えるかどうかが、
倒れた人の命や回復後の明暗を分けるといってもいいでしょう。

特に身近に心臓病をお持ちの方がいる場合は、
万が一のために心肺蘇生法を学んでおくほうが安心です。

そして心臓病の中でも先ほど述べた、狭心症のパッチを
している方にAEDをする場合は注意することがあります。

AEDのパッドを貼り付ける時に狭心症のパッチを見つけたら、
出来るだけ剥がして下さい。

狭心症のパッチを貼ったままだとAEDをしたときに
軽い火傷をしてしまう場合があります。

とはいえ、なかなか冷静な状態ではないですし、
迅速な行動が重要ですので肌色で大きさも小さく、
見つけにくいパッチを絶対に探さないといけないと
いうことはありません。

軽い火傷と命が助かることを天秤にかけると
命が助かる方が重要です。

タグ

2008年3月26日|

カテゴリー:AED知識, 心肺蘇生法, 救命方法