検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“救命講習”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

AED講習会の形態

AEDの設置場所が増えるにつれて、
AED講習会に参加する人も増えています。

これは、AEDを設置している場所の人間に
AED講習が義務づけられているという要因があります。

それに伴い、心臓マッサージ、人工呼吸も含めた、
救命講習が多く開催されています。

AEDが一般市民に使えるようになる以前も
心臓マッサージ、人工呼吸のみの救命講習が
ありましたがあまり参加者は多くありませんでした。

そのAED講習ですがこれから講習を受けようと
思ってる方もいると思います。

AED講習を開催しているのは、自治体主催や
日本赤十字、消防署などがあります。

特に消防署では頻繁にAED講習を開いている所が
多く、地域に多くありますので受講しやすいです。

有料の場合もありますがたいていは、無料なのも
AED講習を受ける人にとっては嬉しいですね。

消防署で受けるAED講習の内容ですが
講習時間は3時間くらいで普通救命講習を学ぶのが
ほとんどです。

普通救命講習とは、
倒れている人の観察、気道確保、人工呼吸、
心臓マッサージそしてAEDの使用。
他に止血方法や倒れている人の体位管理、
応急手当の重要性を学ぶ講習です。

消防署によっては、その他にも
普通救命講習にAED業務従事者向けの
AEDの知識の確認と実技の評価が加わったコースや
普通救命講習にけがの手当や搬送方を学ぶ、
上級救命講習を実施しているところもあります。

各地域の消防署に問い合わせると
AED講習の詳しい内容や開催日程がわかります。

日本赤十字社の場合は有料で1500円かかります。

この費用は教本や万が一、講習中に怪我をした場合の
保険費用になります。

講習内容は消防署とほぼ同じで
講習時間は4時間ほどです。

消防署との違いは、受講すると
受講証が発行され、検定合格者には、
赤十字救急法基礎講習終了認定証がもらえます。

赤十字社の場合、更に水上や雪上、
幼児やお年寄りなど様々な状況、対象に
即した、講習なども開催されています。

講習内容や日程については、
赤十字社のホームページを参考にするか
直接、赤十字社に問い合わせて確認して下さい。

タグ

2008年5月 5日|

カテゴリー:AED講習, 人工呼吸