検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“AEDレンタル”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

自宅にAED設置で80代の心肺停止になった男性助かる。

AEDを自宅に設置することを勧めた医師も、
またAED購入すると結構高いにも関わらず、
自宅に設置していた80代の男性もAEDがあって
よかったと安堵していることでしょう。

とはいえ、AEDを購入するとなると初期費用も高いですし、
メンテナンスも必要ですから、今の状態だと
誰でもAEDを自宅に設置することは難しいです。

AEDをレンタルという方法もありますが
購入するよりは安いとはいえ、レンタルも
長期になるとかなりの金額になります。

国などは地域や団体などにAED設置のための補助金は
だしていますけど個人への補助金はまだありません。

地域や団体へのAED設置はかなり普及しましたから
そろそろ次の段階として個人宅へのAED設置を
促進していく時期に来ていると思います。

静岡県内で昨秋、心肺停止になった80代の男性が自宅に備えていたAED(自動体外式除細動器)で命を取りとめた。高価なためAEDは個人宅にはほとんどなく、総務省消防庁によると「こうしたケースは珍しい」という。価格を抑えた小型タイプが欧米では家庭に普及し始めており、男性の家族は「個人宅にも普及が進んでほしい」と話している。

 家族や治療した榛原総合病院(同県牧之原市)によると、男性は狭心症の持病があり約2年前、医師の勧めでAEDを購入し自宅居間に置いていた。昨年11月22日未明、就寝中に苦しみ出し心肺停止になったが、長男がAEDを使い心拍が回復。同病院に搬送されて手術を受け、今年1月中旬に退院した。

 同病院の調べでは、個人宅のAEDが救命につながった例は他にないという。男性は外出できるほどに回復したといい、妻は「AEDのおかげ」と話す。

 AEDは患者の胸に電極を当て電気ショックで心拍を回復させる機器。厚生労働省によると、駅や学校などの公共施設には04年7月から設置が進み、今は全国に約20万台ある。1台20万~30万円の価格がネックとなり個人宅にはほとんどない。

 NPO法人「AED普及協会」(埼玉県熊谷市)によると、重い心疾患の患者の家庭向けに価格を抑えた小型のAEDが欧米にはある。だが、薬事法に基づく医療機器の承認を得た機種がなく、日本では使えない。協会の大久保充研究員(26)は、AEDのある家庭は国内で100世帯未満との見方を示し「普及を進めるには、国の承認制度や価格などの課題をクリアする必要がある」と指摘する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110209-00000029-maip-soci


タグ

2011年2月 9日|

カテゴリー:AEDニュース