検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“CPR”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

AEDトレーニングキット

AEDを本物の現場で躊躇なく使用するためには
AED講習を受けておくべきです。

AED講習は各自治体のイベント、消防署などで
定期的に行われています。

講習内容の多くは心肺停止時の人工呼吸、
心臓マッサージなどの心肺蘇生法と
AED講習になっています。

そのAED講習に使うAEDですが
講習で本物のAEDを使うことはできませんので
マネキンと練習用の電気が流れないAED、
AEDトレーナーと呼ばれる、AEDトレーニングキットが使われます。

このAEDトレーニングキットの
AEDトレーナーは電気が流れないだけで
操作の方法や音声ガイドは本物のAEDと
同じですのでAEDの操作を学ぶには最適です。

ただ、一つ難点があり、価格が高価で
人工呼吸や心臓マッサージを行ったり、
AEDのパッドを貼るマネキンと電気が流れないAED、
AEDトレーナーのAEDトレーニングキットセットで約10万ぐらいします。

また、マネキンは複数台あるほうがいいのですが
マネキンだけでも5万円ぐらいします。

詳しくは、こちらのサイトにてご確認ください。

ですからAEDの講習がもっと多く行われる必要があるのですが
本格的なAEDの講習を行うには費用がかかりますので
なかなか小規模の団体や個人で行うことは難しいのが現状です。

しかしこの問題の解決策がないわけでもありません。
AEDトレーニングキットをレンタルするという方法もあり、
レンタルだとマネキンとAEDトレーニングキットのセットで
一日あたり、7350円~ぐらいからレンタルできますので
小規模の団体だとレンタルを使えば、
AED講習を行うこともできると思います。

AEDトレーニングキットのレンタルはこちら

さて小規模の団体の場合はレンタルという方法で
高価なAEDトレーニングキットを使うことができ、
個人でもこのレンタルという方法を使うことは可能ですが
ご自身がBLSヘルスケアプロバイダーでもない限り、
やはり費用の負担は大きく、家庭で気軽に家族に
人工呼吸や心臓マッサージ、AEDの使い方を
学ぶにはこのレンタルという方法も難しいでしょう。

では個人の場合、どうすればいいかということになりますが
個人でも費用の負担が少なく、AEDトレーニングキットを
使うことができる製品があります。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)と
呼ばれるもので空気で膨らませる簡易型の上半身の
マネキンと本格的なAEDトレーナーのように
音声ガイドやスイッチの操作はできませんが
AEDの使い方がわかるトレーニングAED、
心肺蘇生とAEDの使い方の他にも、小児の心肺蘇生、
気道異物の除去、感染防護具の使用についての内容が
収録されているDVD、テキストブック、模擬携帯電話が
セットされています。

このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
これだけのセット内容でありながら、
4,980円と本格的なAEDトレーニングキットと比べると
破格の安さです。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)を
つかえば、家族でいつでもAEDの使い方と心肺蘇生法を
学ぶことができますし、小規模の団体でも一人一台、
マネキンを割り当てることも可能となり、効率よく
AEDと心肺蘇生法の講習を行うことができます。

そしてBLSヘルスケアプロバイダーの方でも
自宅で手軽に反復練習をする事が可能です。

少しでもAEDや心肺蘇生法に興味がある方には、
このCPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は
大変魅力的なAEDトレーニングキットでしょう。

CPR&AEDパーソナルトレーニングキット(ミニアン)は、
救急手当推進計画救命コムにて購入できます。

タグ

2009年4月27日|

カテゴリー:AED知識, AED講習, 人工呼吸, 心肺停止, 心肺蘇生法, 救命方法

救命のための4つの連鎖

Chain of Survivalと言う言葉をご存じでしょうか?

Chain of Survivalとは、心停止した人ために一般市民が
お互いに連携しながら対応していくことを指し示した言葉です。
このChain of Survivalを覚えることで救急の流れをわかりやすく理解することが出来ます。
Chain of Survivalには、4つの連鎖があります。
迅速な通報、迅速なCPR、迅速なAED、迅速なACLSです。
この4つの連鎖をつなげてることで救命率が上がります。
このChain of Survivalで最も大切なのは、第一発見者の勇気です。

第一発見者が勇気ある行動で救命活動をスタートさせないことには、
4つの連鎖がつながっていきません。
では、第一発見者が勇気ある行動で救命活動をスタートさせた場合ですが
一つ目の鎖、「迅速な通報」になります。
倒れている人を発見したら、
意識を確認して周りに助けを呼び、119番に電話して下さい。
以前は、携帯電話だと管轄外の消防署につながることがあり、
固定電話での通報がよいとされていたのですが
最近は、改善されていますので携帯電話での通報でも問題ありません。
電話がつながれば、救急ですと伝え、
場所、倒れている人の意識の有無、状態などを落ち着いてはっきりと伝えます。
これで一つの目の鎖が出来ました。

続いて二つ目の鎖は、「迅速なCRP」です。
CPRとは、心肺蘇生法のことで
通報の後、倒れている人の気道確保、人工呼吸、心臓マッサージを行います。
人工呼吸、心臓マッサージは、休まず続けなくてはいけませんので
周りの人に協力を頼み、協力者がいれば、力をあわせて行って下さい。

三つ目の鎖は、「迅速なAED」です。
心室細動による心停止でAEDが1分遅れるごとに、生存率は7〜10%低下すると言われています。
迅速なAEDとは救急車を呼んでから
5分以内にAEDによる電気ショックを与えた場合のことです。
つまり、5分以内のAED使用が目標となっています。
ですから病院に搬送してからとか、
救急車が到着してからのAEDでは遅い、とも言えます。
一般の人、倒れている人を救助している人がAEDを使用し、
すぐに電気ショックを与えることが唯一、心停止から救う方法になります。

四つ目の鎖は、「迅速なACLS」です。
ACLSとは、気管挿管、薬剤投与といった高度な心肺蘇生法で
こちらは医療従事者の仕事になります。
倒れている人を見かけた場合は、とにかく3つ目までの鎖を連鎖し、
最終的に倒れている人を迅速に病院に搬送して
処置を受けることで4つの鎖が完成し、救命率が上がります。

もし、あなたが第一発見者で心臓マッサージも人工呼吸もAEDもできなかったとしても
救急車を呼んだり、他の人を呼んだりすることは出来ますよね。
一人で無理な場合でも多くの人と協力しあうことで
4つの連鎖を完成させることが出来ます。
「4つの連鎖」大事ですので覚えておいて、万が一の時に役立てて下さい。

タグ

2008年1月29日|

カテゴリー:AED知識, 心肺蘇生法, 救急