検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“日本光電”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

東京マラソン2010とAED

2月28日(日)は東京マラソン2010が行われます。

昨年はこの記事でもお伝えしたように松村邦洋が倒れ、AEDが使われたことで
東京マラソンでのAEDは有名になりました。

今年も日本光電がオフィシャルサポーターで東京マラソンのコース上に
全62台のAEDが救護所に設置され、社員ボランティア60人も参加されます。

AEDが使われることがない方がいいのですがこうしたサポートがあれば
万が一の場合でも安心です。

下記サイトでコース上の設置場所が掲載されていますので
確認しておくといいでしょう。
36km地点までは1kmおき、36km以降は0.8kmおきに
AEDが設置されています。

http://www.nihonkohden.co.jp/tokyomarathon/index.html

また、5km以降は救急救命士が自転車にAEDを搭載する
モバイル隊も巡回しますので安心です。

とはいえ、AEDの世話にならないように
参加される方は、当日の体調管理には十分注意して下さい。
体調が悪ければやめる勇気も持つことも大事です。

タグ

2010年2月27日|

カテゴリー:AED設置, 救急

医療用のAED電極パドル不良で死亡事故

この記事でAEDによる不幸な事故は起こって欲しくないと
書きましたが残念ながらまた起こってしまいました。

しかも今回の事故は電極パドルが規格外の工具で作られて
AEDに接続できないというとんでもない事例です。

医療機器販売会社「日本光電工業」(東京都新宿区)は
8日、同社が輸入・販売した半自動除細動器用使い捨て電極パドルの不良品が
見つかったとして、4657個を自主回収すると発表した。
機器が作動せず、患者が死亡するケースが奈良県で発生し、
部品の欠陥が判明したという。

使い捨てパドルは米国のカテコインク社製。
回収する製品の型式は「P-510」で、今年10~11月に出荷された
「Y080609-3」との表示のあるロットが対象。
医療・消防機関に納入されており、一般向けの販売はないという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000078-mai-soci

しかも医療用のAEDですからまさに最後の砦なのに
こんな初歩的な不良で死亡事故につながるのですから
製造メーカーの責任は重大でしょう。

前回の事故もアメリカのカルディアック・サイエンス社製、
今回の事故もアメリカのカテコインク社製と
アメリカのメーカーばかりです。

アメリカの検査体制はどうなっているんでしょうね。

そして日本製のAEDがないことも問題ではないでしょうか。
どういった理由で日本のメーカーがAEDを作っていないのかは
わかりませんし、日本製が絶対安心という保証もありませんが
やはり外国製のAEDより安心できるのは間違いないです。

今回のことを教訓に医療現場などから日本製のAEDを
求める声があがってもいいのではないかと思います。

最後にもう一度書きますがAEDの不良による不幸な事故は
二度と起こって欲しくないです。

タグ

2009年12月 8日|

カテゴリー:AEDニュース

AED、作動せず女性死亡

非常に残念なニュースです。

自動体外式除細動器(AED)の輸入・販売大手「日本光電工業」(東京都新宿区)は
20日、都庁で記者会見し、同社が販売したAEDが故障で緊急時に使用できず、
女性が死亡する事例があったと発表した。
AEDには部品故障を自己診断で検出するソフトウエアが内蔵されているが、
診断対象外の部分が壊れていた。同社は、同様の不具合が出る可能性がある
10万7309台を無料で改修するという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091120-00000184-jij-soci

この不具合がでている機種は、米国の「カルディアック・サイエンス社」が製造し、
日本光電工業が販売した「カルジオライフAED-9100」です。

日本光電工業では類似のAED-9200、9231、1200もソフトウェアの
改修をするとのことです。

詳しくは、日本光電の「自動体外式除細動器」AED-9100、9200、9231、1200
自主改修に関するお知らせと日常点検の確実な実施のお願い
をごらん下さい。

AEDとはいえ、機械ですから故障することもあるでしょうけれど
AEDは、心肺停止状態から復活する最後の砦なので
肝心なときに故障して使えないということはないように
AEDには電子部品の故障をセルフチェック(自己診断)出来る機能が
ついていてほとんどの事例では故障を事前に発見できるようになっています

ところが今回、AEDが作動せず女性が死亡したケースは
そのセルフチェック(自己診断)機能では発見できない部品が
故障していたためにAEDが作動しませんでした。

これは製造メーカーの認識が甘かったというしかないでしょう。

現にソフトウェアを改修すればその部品の故障も発見できるようになるのに
こういった事例がでるまで改修しなかったのは大きな問題でしょう。
製造メーカーのあるアメリカで問題になっていないのでしょうか。

AED設置関係者は、販売メーカーの日本光電から連絡があるでしょうが
とにかく設置してあるAEDが対象となるAEDかどうか確認しておいた方が
いいでしょう。

AEDで二度とこういう不幸な事は起こって欲しくないですね。

タグ

2009年11月20日|

カテゴリー:AEDニュース

東京マラソン2009で松村邦洋一時意識不明、AED後、病院へ搬送される

今年も東京マラソンが開催されました。

毎年のように東京マラソンではAEDが活躍するのですが
(本当は活躍しない方がいいのですが)
今年はタレントの松村邦洋さんが倒れ、心肺停止で
意識不明になり、AEDを施され、病院へ搬送されました。

AEDの効果もあったのか幸いにも意識を取り戻しました。

医師や看護師も参加して東京マラソンは、
世界一安全なマラソンを目指しているのでよかったです。

しかし松村邦洋さんもあの体型ですから
いくらテレビの企画とはいえ、マラソンに参加するのは
無謀じゃないでしょうか。

企画した東京MXテレビ側にも責任はあるでしょうね。

現在のところ、松村邦洋さん以外にAEDが使われたという
情報はありませんがこの後もAEDが使われたという事が
ないように祈ります。

なお東京マラソン2009のAEDは、
オフィシャルサポーターの日本光電製の
AEDが使われています。

(追加情報)
公式サイトによるとAEDが使われたのは2件で
救急搬送されたのは20人だそうです。

今年は比較的、AEDの使用が少なく、
救急搬送された人も少なめでした。

タグ

2009年3月22日|

カテゴリー:AEDニュース, AED設置, 人命救助, 心肺停止, 救急