検索結果

タグ検索

AEDと心肺蘇生法で“AED普及”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

自宅にAED設置で80代の心肺停止になった男性助かる。

AEDを自宅に設置することを勧めた医師も、
またAED購入すると結構高いにも関わらず、
自宅に設置していた80代の男性もAEDがあって
よかったと安堵していることでしょう。

とはいえ、AEDを購入するとなると初期費用も高いですし、
メンテナンスも必要ですから、今の状態だと
誰でもAEDを自宅に設置することは難しいです。

AEDをレンタルという方法もありますが
購入するよりは安いとはいえ、レンタルも
長期になるとかなりの金額になります。

国などは地域や団体などにAED設置のための補助金は
だしていますけど個人への補助金はまだありません。

地域や団体へのAED設置はかなり普及しましたから
そろそろ次の段階として個人宅へのAED設置を
促進していく時期に来ていると思います。

静岡県内で昨秋、心肺停止になった80代の男性が自宅に備えていたAED(自動体外式除細動器)で命を取りとめた。高価なためAEDは個人宅にはほとんどなく、総務省消防庁によると「こうしたケースは珍しい」という。価格を抑えた小型タイプが欧米では家庭に普及し始めており、男性の家族は「個人宅にも普及が進んでほしい」と話している。

 家族や治療した榛原総合病院(同県牧之原市)によると、男性は狭心症の持病があり約2年前、医師の勧めでAEDを購入し自宅居間に置いていた。昨年11月22日未明、就寝中に苦しみ出し心肺停止になったが、長男がAEDを使い心拍が回復。同病院に搬送されて手術を受け、今年1月中旬に退院した。

 同病院の調べでは、個人宅のAEDが救命につながった例は他にないという。男性は外出できるほどに回復したといい、妻は「AEDのおかげ」と話す。

 AEDは患者の胸に電極を当て電気ショックで心拍を回復させる機器。厚生労働省によると、駅や学校などの公共施設には04年7月から設置が進み、今は全国に約20万台ある。1台20万~30万円の価格がネックとなり個人宅にはほとんどない。

 NPO法人「AED普及協会」(埼玉県熊谷市)によると、重い心疾患の患者の家庭向けに価格を抑えた小型のAEDが欧米にはある。だが、薬事法に基づく医療機器の承認を得た機種がなく、日本では使えない。協会の大久保充研究員(26)は、AEDのある家庭は国内で100世帯未満との見方を示し「普及を進めるには、国の承認制度や価格などの課題をクリアする必要がある」と指摘する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110209-00000029-maip-soci


タグ

2011年2月 9日|

カテゴリー:AEDニュース

AED普及の重要性

あなたも誰かのために何かをしたいと思うことがあると思います。
でも、あなた一人で出来ることには限りがあります。
ですから、そう思うだけであきらめてしまう人がほとんどです。
でも多くの人が集まれば、
その思いは何十倍、何百倍にもなり、その思いが集まると非常に大きな力となります。

AEDの普及に力を入れていらっしゃる人達は、
そういった思いで集まり、その思いを実現するためにみんなで協力しあって活動されています。
その人たちとは、医療関係者はもちろん、
救急隊の方々、消防隊の方々、公務員の方々、
政治家、そして実際に突然の心停止でで大切な命を失ったご家族の方々・・・
インターネットで「AED」と一度検索してみてください。
と書きましたがこのサイトへ来られている方は、恐らくほとんどの方が「AED」と検索されて来られてますね。
だとすると、上記のような突然の心停止で家族を失った方が
AEDの重要性を訴えているサイトを御覧になられたこともあるかと思います。
これらのAEDの重要性のサイトを作られた方は
ほぼ同様に自分が何かしてあげられなかったのか、
自分で何か出来たんではないかとその当時を振り返り、思いを巡らせています。
突然、愛する家族を失わなければならなかった悲しみ、
その原因はどこにあったのか、
何かすることがあったんではなかったかと思うのは当然の事だと思います。

そして、AEDがあれば蘇生できたかもしれないこと、
どれほど健康でも突然の心停止が起きる可能性はあることを知ることになるのです。
悲しく、苦しく 心も崩壊しそうになる中で、
その方々が前向きに着実に進んでいる姿には、
ただただ 頭が下がる思いがします。
そうしてそれらの方々はAEDを
より多くの人に知ってもらうために、さまざまな活動を行われています。
そしてそうした方々の署名活動・ベルマーク活動・講演会・
講習会・募金活動などの活動の努力によって、
確実にAEDの設置数は多くなってきています。
特にここ一年間ほどで公共施設へのAED設置は、飛躍的に増えました。
しかしながら、実際にAEDを使う状態になったとき、
どれほどの人がためらうことなく、AEDを使うことができるのでしょうか。
AEDの設置数だけが増えても意味がありません。
AEDの講習に行けない方は、せめてAEDのメーカーのホームページで
AEDの取り扱い方法の様子を見る事ができますから、
最低でもそれぐらいは見ておくことをお勧めします。

万が一の時に自分の愛する人の命を失わないためにも・・・

タグ

2008年1月28日|

カテゴリー:AED知識, AED設置